仕事と育児と、ときどき野球。

2015.12.11に入籍をし、2016.8.25に息子が誕生。 このBlogは、妻と子育てに奮闘する日々と、美容師として一生懸命に仕事に生きる日々、そして野球を愛する日々を送る1人の男の記録である。父親、野球ファン、美容師としての日常をご覧あれ。

小さな幸せを見つけられる、または与えられるって幸せなことよね。の巻

最近感じたこと…タイトルのまんまです。

 

よく幸せの沸点とか言うけど、それは正直よく分からない。

分からないけど、ふと小さい幸せを見つけられた時は人知れずテンション上がる。

 

それは、普段「このぐらいだろうなー」ってのがやっぱ常にあって、人はそれを先入観て言うのかもしれないけど、それをちょっと超えたりとかちょっと違うなって思った時に感じる気がするんですよね。

 

でもそんな事にも気づけない時はたいてい心が疲れてたり自分のこと好きじゃない時が多い…

まぁソレは今は置いといて。

 

何があったかっていうと、

息子が産まれてから今まで、数え切れなくはないけどホントにたくさんのお祝いをしてもらったり頂いたりして、

 

あ、数えられるってのは数が少ないからってことじゃなくて、一人ひとり忘れるわけないってこと!

 

えーと、まぁ頂いたりして、

思い出すとそれがホントに一人ひとりのらしさが出てたなーと思っていましてですね…

 

友達からだと、分かってるー!とか、さすが経験してるー!と感じるモノだったし

お客さんからもたくさん頂いた(これはホントに有り難いです。財産。色んな意味で嬉しい)のだと、

その方のセンスが全開だったりとか、いつも会話させてもらってるからこそのモノだったりとか、

言葉は正しくないけどとにかくみんな一点物といいますか、無難なモノなんて何1つなくて、ありふれた言葉になっちゃうけど全てに感激したんです。

 

で、だんだん息子も大きくなってきて甘栗むいちゃいました的なお祝い頂いちゃいましたラッシュみたいなのも鎮静化しきた今日この頃、

イトコの姉ちゃん夫婦からお祝いが届きました。

 

もう少し大きくなってから着れるベストと靴下セットだったのですが、

2人はウチの身内きってのハイセンスな夫婦でその可愛さったら最高だったわけなのです。

が…

 

f:id:arateen:20170125220543j:image

 

こういう手紙が同封してあって、この猫…

こちらダンナさんのヤツ。

 

f:id:arateen:20170125220616j:image

 

こっちは姉ちゃんが書いたやつ。

それぞれメッセージと、それぞれのネコが書いてあるのですが…

 

f:id:arateen:20170125220644j:image

 

比較するまでもなく、下の猫のなんとも言えぬヘタクソ具合と放っておけない顔立ちが僕らにはネコがツボ過ぎてツボすぎて…

 

断然イトコの姉ちゃんの方が上手だし可愛いに決まってる。

100人に聞いたら98人はそう言うに決まってる。

 

が、しかし、ダンナさんが書いたネコが…

よく見ると、これ焦って汗出てるネコなのかと思ったらそれは前足後ろ足で、動きを表現してるようなチョンチョンとか尻尾なのか分からない突起とか、

とにかく神がかったバランスで描かれています。

 

98/100が上手い可愛いと答える猫ちゃんを凌駕する存在感。

絶妙なバランスで愛されてやまないキャラクター。

賛否両論さえもエネルギーにして長く人々の心に残るカリスマ性。

 

久しぶりに腹抱えて笑いました。

タケユキさんナツミ姉ちゃんありがとう。

 

で、話がだいぶ逸れたけど結局何が言いたいかというと…

そんなプラスアルファで僕は、いや僕たちは少し幸せな気持ちになったということ。

 

改めて学んだのは、

ただお祝いのノシでもつけて郵送して、あとは補足メールしといたぐらいでもよさそうな一件を、

何気ないほんのちょっとの気遣いでこんなにも人の心を動かすことが出来るのですね、ってこと。

どデカイ事だけが良いって訳ではないんだなぁー。

身体デカけりゃホームラン打てるのとちゃうんなやなー。

 

ん?

なんか例えられてるか分からないけど、そんな感じ。

そんな小さなことでホッコリ幸せな時間を感じられたので、記録しておきます。

 

今月末は義姉の、来月頭は母の誕生日がある。

モノの価値は金額よりどんなモノなのかより、それを選ぶのに費やした時間と買いに行く過程と、ちょっとの思いやり。

 

今回のテーマはこのちょっとの思いやりをどう表現するか、楽しくプレゼント選びしたいと思います。

 

ちなみに僕の誕生日は4月です。

経験上、期待は裏切られる…

下心はやっぱダメっすね。笑

 

 

 

to be continued…