仕事と育児と、ときどき野球。

2015.12.11に入籍をし、2016.8.25に息子が誕生。 このBlogは、妻と子育てに奮闘する日々と、美容師として一生懸命に仕事に生きる日々、そして野球を愛する日々を送る1人の男の記録である。父親、野球ファン、美容師としての日常をご覧あれ。

「美容室の次回予約」普及活動中。の巻

今回は次回予約について。

 

f:id:arateen:20161209105922j:image

 

多くは歯医者さんなどで次回予約する事が多いですね。

治療中なら当然治るまでま通わないとならないわけで、次回の予約しちゃえば行くしかないので非常にありがたいシステムだと僕は思います。

それに合わせて他の予定も決まってくるし、組みやすいとも思えます。

 

しかし世の中色々な方がいらっしゃいますし、当然そんなのに予定が拘束させるのはイヤだ!って方もおりますよね。

人間だもの。

スクランブルな予定を中心に生きていればその考えも当然といえば当然です。  

 

しかしそんな中、我々美容師は1年で1番忙しい月(忙しくならなければならない月)である12月を迎えているわけです。

 

美容室での次回予約って?

 

帰りに次回のご予約をしていく。

 

シンプルですがそれに尽きます。

メニューと内容もその時話し、だいたいの所要時間もお話しできます。

もちろん複数の可能性や心変わりもあるので、だいたいで。次回のその時ご相談、ってのもアリです。

 

どうしてもの予定が入ってしまう場合は変更のお電話下さい!って感じの軽い雰囲気で予約される方が多いですね。

 

次回予約する人多いの?

 

この時期美容室が混み合うのはご存知のはず。

知らない方がいたら、12月の美容室は混み合うよ。予約取りづらくなるよ。と覚えておいたほうがいいですよ。

 

ですので前もって12月早めの時期に予約入れとく方も多いし、

11月末や12月頭にいらっしゃった方でも、年内あと1回来たい!って方は年末ギリギリにご予約していく方も多いです。

 

では年内通してはどうか?

正直、まだ多くはないです。今の所、年末特有の現象にとどまっています。

 

美容師さん的にはどうなの?

 

ありがたいです。

お客様的メリットは後記述するとして、美容師的にはプラスが多いです。

 

1.貴方が次回いらっしゃる日が分かれば、休みを考えやすい。

僕らいわゆるサービス業と言われていますが、お休みだって頂きます。家庭があったりすれば尚更。

 

2.貴方の次の展望をその場でお話できる。

今日こうしたけど、次の時までにこの位伸びてるからこんな事ができるよ!とか。

ある程度周期が把握出来れば明確な提案がしやすいという事ですね。

そして次来るまでの期間が分かっていれば今日のヘアスタイルがその時どうなっているかもお伝えできます。

 

3.貴方のための次回をとってあげられる。

僕たち美容師はどんな時も、技術も時間も一定のクオリティで提供することを心がけていますが、余裕ある時間を取っておくことは僕らにとってもあなた方にとってもいい事なのでは?と感じます。

心の準備と気持ちの余裕は大切かなと。

言い方が正しいか分かりませんが、多くのお客様に他のお客様に影響されない時間をしっかり取って差し上げたいと思っておりますので。

 

4.お客様が来なければ僕は仕事は出来ません。

今日来た方が次来るかなんて分からない。実際そんなお客様を数多く経て今がありますが、ご支持下さってるお客様が次にいらっしゃるのが分かるとは精神的にとても嬉しい事です。

 

かなりワガママに書きましたが、美容師的(僕は、ですが)なプラスはこんな感じ。

 

ではお客様の(貴方の)メリットは?

 

1.「キレイ」を保てる。

来店周期は人それぞれだと思うし、そこを無理強いするつもりはなく、しかし委ねられればオススメいたします。次回いつが良いかは、お客様ひとりひとりにそれぞれの時期がございます。

男性女性問わず、キレイな、または良い状態を保てる期間とメニューの使い方をご提案致しますよ。

 

2.ポイントメニューを駆使しやすい。

間隔があくと、どうしても全体切ったり染めたりしなければならなかったりパーマほとんどなくなってしまったしと…フルでやらなければならなくなります。

良い間隔だと、前髪カット、襟足カット、Tポイントカラー(これは詳しくは別の機会に)、毛先だけカラー、前髪パーマ、部分的パーマ…etc…

やった分だけの料金で、最低限で最大限の効果を発揮するポイントメニュー達。

これらを駆使できれば、キレイを保つ手札が増えます。

メンズの方の場合はカリアゲだけ、とか梳いて量を少なくするだけとかですかね。

来店周期はマメになっても、1回づつの単価は下がるので総合すると年間かかる金額はほとんど変わらないデータも出てます。

 

3.年間計画も立てられる。

アバウトに来店されても、年間いらっしゃる回数って実はだいたい同じなのです。

時期が読めていれば、1年間でこうやろうああやろうの計画が立てられる。それをワクワクしながら遂行していくのも楽しいし、心変わりから路線変更したって楽しいものです。

先々にイベント事があるのなら逆算していくのもアリ。

 

4.「習慣化するとこの上なく楽」らしいですよ。

これは僕のお客様方々の声です。最初はそこに合わせて色々予定しなきゃならなくてなんだかな〜と思ったりもしたそうですが、

そろそろ行きたいのに予約の電話を今日もし忘れたとか、

行きたいけど予定パンパンにし過ぎて行けるのが一月後だとかの事態が無いという生活の方がノンストレスだと。

あとは、もう時間も無いしこの状態はヤバイわ!今回だけは近所のとこ行くしかないわ!と行ったは良いものの、やっぱりダメね…なんて話はよく聞きます。そのお店が、その美容師さんがダメとかでなく…やっぱあるんですよね、飛び込んで行って失敗と思う感覚って。(これは自分も逆サイド側ってパターンもあるわけです)

その事態も未然に防げるメリットも。

あるあるですよね。なるほどなご意見。

 

5.1ヶ月に1度のお客様は、毎月の行事のように。

「俺は第一土曜の朝イチは美容院なんだ。」的な。 

俺の時間を常に継続する男性はカッコ良いし、すぐ伸びるカリアゲだって保てます。

 

まだまだある気もするのですが、大きくはこんなところでしょうか。

特に1の目的のための2と4、これに尽きます。

5も個人的には好きなペースです。

是非ご検討材料にして下さい。

 

まとめ。

 

年末年始にキレイでいよう!12月は髪を切ろう!

は我々美容師もお客様方々も思っている事であり、毎年のことなのですが、

その思想を年間通して持ったらどうなの…的な意見でした。

 

僕は自分が担当しているお客様には積極的に促して、今年1年でも実行に移してくれるお客様がとても増えました。

毎回でなくても行事ごとの前には足並みを合わせたりと有効利用してもらっている感覚もあります。

でもこの次回予約は決してもっとペース早めに美容院に来いや、というものでも利益を上げたいから回数増やさせようぜといものではないという事です。

あくまでその方のライフスタイルや周期を考慮して、ご相談してきめようというものであるということが大前提。

 

美容室でそんな事ありなの?とお考えの方、アリです。

タブーなんてありません。良いと思えば何でもアリです。

 

お堅いblogになってしまいましたが、

美容師側もお客様側もニッコリ嬉しい次回予約システム、是非ご利用してみては?

 

ちなみに僕は歯医者の次回予約はほとんど翌週とかに変更してしまうタイプです。

スイマセン…

でもそんなものまたアリなのかな…と。

 

 

 

to be continued…