読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と育児と、ときどき野球。

2016.8.25に息子が誕生。2015.12.11に入籍した妻と子育てに奮闘する日々。美容師として仕事をする傍ら、大好きな野球にも熱を上げたいサトウアラタ30歳の夫、父親、仕事人としての日常をご覧くださいませ。

クマちゃんと、子どもという存在。の巻

こ、

これは…

抱っこする時に腕に装着し、腕と赤ちゃんの頭との接地面に置くクッション的なクマちゃんのパッドを枕にして眠る息子さん。

スヤァ〜

この世にこれほど可愛い生き物はいるのでしょうか…?

親バカと言われたっていい。ああ親バカですよ。そうです、私が親バカです。

世の親たちはみんなそう思ってるハズです。友達の子も知り合いの子も街ですれ違う知らない人の子もみんな可愛いけど、我が子が特別なのは自然なことなのかなと。

世間では自分の子供を死なせてしまう悲しい事件が少なくないですが、色々な事情があるにせよ子どもにとっては親が全てで頼れるものは私たち親しかいません。

グチって済むなら親にだって友達にだってグチればいい。言ってスッキリするなら誰にだってこんな事があってさ、あんな事もあってさと言えばいい!言い終わればグチも次第に可愛い自慢になっているハズです。

ダンナさんと結婚する前、付き合っている時。 たいていの人は友達に最初はグチり始めるけど結果ノロけちゃったね的な経験があるでしょう。 似てますね。 愛があるからこそ不満も生まれると思います。

そんなことないって人もいるでしょうけど、旦那さんも奥さんも子どもも、1番愛し愛されているのは自分ですよ、と。

先ずは今この瞬間、思い出してみます。

今日は帰宅時間にこのブログを書いていますが、息子さんと奥さまの写真を見て思い出を回想してみます。

仕事で疲れていても、少し優しくなれる気がします。

いやしかし…

この子に勝るモノなし、ですな。

to be continued…

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村