仕事と育児と、ときどき野球。

2015.12.11に入籍をし、2016.8.25に息子が誕生。 このBlogは、妻と子育てに奮闘する日々と、美容師として一生懸命に仕事に生きる日々、そして野球を愛する日々を送る1人の男の記録である。父親、野球ファン、美容師としての日常をご覧あれ。

お宮参り〜準備編〜の巻

2016年10月21日(金)、大安。

鎌倉の鶴岡八幡宮にてお宮参りを敢行いたしました。

 

お宮参りとは!?

 

お宮参りお宮参り言うけど詳しくは何にも知らない。

はい、そんな我々が親です。

 

 

軽く勉強して。

ふむふむ…やはりある程度の予備知識は必要です。

無知で臨むのは子どもにも神様にも失礼にあたると思い、軽く見るつもりがやるからには精神が出てけっこう詳しくなっちゃいました。

なんでも聞いてください。

 

まぁざっくり言うと、産まれてきた子どもの健康と幸せを神様に祈ろうという儀式なわけですね。

 

諸説ありますが、昔の子どもは生後2〜3日で亡くなってしまうことも少なくなく、男の子は生後31日目を。女の子は32日目を目安に、その日まで生きてくれている感謝とこれからの発展を祈願していた事が始まりじゃ無いかと言われています。

 

マニアックな話ですが暗い話ではなく、死産の減少や生後の生存率が格段に高くなっている今に感謝なわけです。

 

しかしそんな現代でも、亡くなってしまう赤ちゃんもいます…

その子達の為にも、命を授かった我々の子どもには健康で幸せになってもらわなくちゃなりません。

そんな親の切なる願いと、自分達が頑張って育てようという決意表明の意味もあるのかなーと思いました。

 

気になる場所は…?

 

場所は色々悩んだ結果…

いや、さして悩んでなんていませんが場所は鎌倉の鶴岡八幡宮に決めました。

 

あっ、冒頭ですでに言ってましたね…

 

なぜ決めたかと言うと、ここにポイントがありまして…

本当単純ですけど実はもうすでに決めていたんですよね。

 

産まれる前に五ヶ月戌の日の安産祈願にお参りしており、その際にお礼参りも兼ねてお宮参りもここ八幡宮でやりたいねってことになってたんです。

(ちなみに戌の日以外は戌の日参りを受け付けてない場所もあるので事前調査がマストです。→戌の日カレンダー2016年・2017年 |photoHug (フォトハグ))

 

義理の両親は横浜住みなので近くて良し!

岩手から来るウチの母も久しぶりの鎌倉でテンションアゲアゲ!

みんなニコニコ、万々歳!

 

次は当日のスケジュールの確認だっ!

 

am7:30    起床

     9:20    余裕をみて家を出発

     9:43    電車でゴー

   10:45    鎌倉到着

   11:15    鶴岡八幡宮へ。お宮参りスタート

pm1:00    お食事

     3:00    帰宅。横浜の実家へ

     4:00    奥さまの実家でお茶

     5:30    帰宅。スマートにおいとまする

 

あくまで僕の中での作戦です。

到着までは緻密に分単位。ベビーカーを押して駅まで17分。鎌倉駅までだいたい55分。

 

八幡宮に着いてからは流れに任せ時間は前後するとして、行動を共にする母と奥さまにしっかり、それでいてざっくり伝達と確認をしておきます。

 

ポイントは帰宅の途についてから。

奥さまの実家に少々お邪魔する事になったのですが、すぐ帰るのもアレですし長居しすぎてもダメな気がします。

 

ここは本当にマジで空気を読むスキルが重要となります。

全てが上手く運びますように…

 

ちなみに僕はO型男子です。

典型的ともいえるズボラなんだけど凝り性。

やるまでは長いが、やるとなると徹底的。

石橋を叩いて叩いて渡らない時もある慎重派。

O型のデメリットの方が強く出ているタイプのO型です。

でも僕は自分の血液型を気に入っています…

 

ま、そんなこんなで…

日程と場所も決まった!後は当日まで健康を維持しつつ晴天を祈るだけ。

 

お食事処について触れようと思ったのですが、なかなか細かいエピソードがあるのでまた次の機会にいたします。

 

ここが誰もが1番困るというか、頭を悩ませ気を使うポイントですよね。

参考までまでになるかはんかりませんが、後日追記いたします。

 

 

f:id:arateen:20161028002254j:image

 

 

おっ、息子さんもやる気まんまんです。

 

初晴れの舞台だもんね。

 

舞台裏、任してね。

 

 

 

to be continued…