読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と育児と、ときどき野球。

2016.8.25に息子が誕生。2015.12.11に入籍した妻と子育てに奮闘する日々。美容師として仕事をする傍ら、大好きな野球にも熱を上げたいサトウアラタ30歳の夫、父親、仕事人としての日常をご覧くださいませ。

スポーツの歴史が変わった2016年、の巻

野球

スポーツ大好きサトウです。

 

今年はスポーツがおもしろい。

 

僕のスポーツ観戦は常に野球がベースです。

 

3月から始まるプロ野球と、春夏の高校野球

 

日本シリーズが10月に終わり、11月はドラフト会議。

 

12月は仕事が忙しいからおいといて、1月は自主トレ、2月〜3月はキャンプインとオープン戦

 

しかしあまりメジャーは追いません。

成績を把握しておくくらいですかね…

 

ま、と言う様に野球は通年楽しめます。

 

それに加え今年はリオ五輪がありましたからね、今の所スポーツに忙しいことこの上ないですね。

 

とにかく、打順もニュース度も1番はやっぱりこの人。

 

f:id:arateen:20160914235853j:image

 

イチロー選手。

 

3000本安打なんて…凄すぎです。

 

現在も記録更新中の42歳。

 

メジャーは専門外なんて言いながら大ニュースは放っておけません。

 

ただ単にイチローが大好きなだけなんですが…

 

余談ですが僕は小学校高学年になるまではイチローに似てると言われていました。

 

しかし現在、どこで歯車が狂ったかはわかりません。

 

リオ五輪では。

 

f:id:arateen:20160915000017g:image

 

愛ちゃんが個人は4位だったけど団体でメダルが取れて感動しました。

 

いやでも4位って充分すごい。

 

あの愛ちゃんが大きくなって…と思ったのは私だけではないはず。

 

f:id:arateen:20160915000230j:image 

 

水谷選手のおかげで卓球に対する価値観が変わりました。

 

長く激しいラリーの末ポイントを獲る姿がカッコよかった!

 

いや、それよりゲームを獲った時の天を仰ぐリアクションがとてもよかった!

 

f:id:arateen:20160915000426j:image

 

バドミントンで金メダル獲れる時が来るとは…

 

これはリアルタイムで観ました。

 

ラケット競技がからっきしダメな自分には別世界のスポーツの様に感じました。

 

ちなみに盛りすぎかもしれませんがウチの嫁は松友さんに似てると思ってます。

 

f:id:arateen:20160915000956j:image

 

そしてやはり彼らでしょう!

 

男子4×100mリレー。

 

短距離で、いや、トラック競技で銀メダルが獲れるなんて…

 

元陸上の僕には凄さが嫌という程分かります。

 

本当のサムライだよ、彼らは…

 

 

 

他にも水泳やレスリング、柔道や三宅宏実ちゃんにも感動しました。

 

感動をありがとう!

 

オリンピックをこんなにしっかり観たのは長野オリンピック以来かもしれません。

 

ちなみにパラリンピックもチェックできる競技はチェックしています。

 

しかし今年のスポーツを観ていてやはり思うところは…

 

若い選手が活躍する。しかしベテランも挑戦し続ける。そんなスポーツってやっぱり偉大だ。

 

矛盾の様な感じもしますが。

 

選手達は若くして引退、または第一線を退いたあと、生き方を考え行動に移さねば明日の生活はありません。

 

「どーしよっかなー」と考えている「つもり」で、日常に甘えて何も行動せずにいる自分にはとても刺激的でした。

 

逆にイチロー選手の様に歳など全く感じさせず、自身のやるべきことを淡々とこなす様に結果を出し続けるベテランもいます。

 

今年のスポーツは、学ぶ事は多かった…!

 

考え方にもよりますが、やっぱりスポーツって偉大…

 

自分は部活を取り組むにあたって悔いが残っていることが多いので、息子さんには一生懸命になれるスポーツに出会って取り組んでほしいと思っています。

 

しかし親のその想いが強すぎてレールを敷きすぎたり、強要するようなことがないように気をつけなければと思っています。

 

あくまできっかけを与えることや、共に楽しんでやること。

 

野球野球言いすぎて野球嫌いにならないようにだけは気をつけなきゃな…と。

 

部活反対派やスポーツより勉強派の方々も多いと思いますが、

佐藤家はスポーツ推進派です。

 

体育会系!バンザイ!

 

ちなみに奥さんはド文化系。

 

 

 

to be continued…