読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と育児と、ときどき野球。

2016.8.25に息子が誕生。2015.12.11に入籍した妻と子育てに奮闘する日々。美容師として仕事をする傍ら、大好きな野球にも熱を上げたいサトウアラタ30歳の夫、父親、仕事人としての日常をご覧くださいませ。

退院、の巻

8月31日、退院。

 

1週間の入院を終え、実家へ。

 

https://www.instagram.com/p/BKDN2-pBZcz/

 

このマークともしばらくお別れ…


お陰様で産後は母子ともに 健やかに過ごさせて頂けて、

大きなアクシデントなくこの日を迎えられて病院と神様に感謝です。

 

無事に最後の晩餐も終え…

こちらの記事↓

 最後の晩餐、の巻。 - 仕事と育児と、ときどき野球。

 

31日、朝。

実は母絡みでこちら側に思わぬアクシデントがあったのだけど、無事am9:00には病院に行けました。

 

時間外なのでナースステーション(nsというらしい…)に寄り病室に入ると、久しぶりにメイクをした奥さんが…!

 

お、おう…!

 

じゃないや。カワエエ〜!

 

ってことで色々荷物などの準備を済ませ、売店へ。

 

北村医院にはK.Joli bebeというベビーショップがあって、

ここで産んだ人には病院から5000円分の商品券がもらえるんです。

これでここのショップで好きなものを買えるという。

(それって入院費に入ってるんじゃないかっていう細かい事はまぁ置いといて…笑)

 

昔の記事だけどこの方のblogが詳しい 、↓

http://s.ameblo.jp/vivienne-beaute/entry-11482490816.html

 

ウチの奥さんは授乳ケープと離乳食用にスプーンとかのセットを買ってました。

 

気がはやいなぁ…なんて思ってても半年も過ごせばすぐなんですもんね。。

 

10:30にはお義父さんとお義母さんが車で到着。

 

懸念していた台風の前日で過ぎ去ってくれていたため、台風一過で快晴!

うーん、いいね。

 

退院手続きを…

 

正直、けっこうかかんのね…と思ったけど命が一つ産まれたのですから。

 

もちろん地域や市町村区によって違うし、病院によっても違うのだけれど、

 

国から頂ける出産一時金の倍額近くの病院もあります。

 

それなりの施設でそれなりの待遇なので当たり前にかかってくるお金だけど、どうしても出せない方にはそれ用の保険や措置があるみたいで少し安心しました。

 

コウノドリを見てると、もちろん自分の周りもだけど本当に色々な人がいますからね…

 

お金に関しても所得とか人それぞれですが産むパターンにもセオリーなんてなくて、ましてマニュアル通りなんてありえない。

 

でも誰しもに平等にこどもを産み育てる権利がある。 

 

 

コウノドリ コミック 1-13巻セット (モーニング KC)

コウノドリ コミック 1-13巻セット (モーニング KC)

 
コウノドリ DVD-BOX

コウノドリ DVD-BOX

 

 

賛否両論あるけれど僕はオススメします。

 

特に男性へ。

 

ドラマを観てからマンガを読んだけど、逆でもいいかもです。

 

まぁ本当に家庭や個人によりけり、様々ですからね。

 

家族と相談。家族に頼る。大事なことだし、恥ずかしいことじゃないし。

 

 

話が逸れましたが…

 

 

11:00、すべての手続きと準備を終え、赤ちゃんを迎えに行く。

 

助産師さんに今の母子の状況と今後のスケジュール、アドバイスなどをもらうが…

僕は終始「へぇ〜!」と頷くことしか。

 

逆にハキハキ受け答えしている妻に関心しました。

上からモノを言ってるように聞こえるかもですが、あまりオーバーなリアクションしないタイプというか淡々としているというか。

なのでそこに強さを感じたのです。

 

僕は何言われたのかほとんど頭に入らなかったけど、とりあえず次僕が病院に来るのは1ヶ月検診の時みたいです。

 

最後に退院の記念写真をして、両親と奥さん、子どもを乗せた車を見送る。

 

そう、僕はこの後仕事へ…

 

ハッキリ言って、寂しい…

 

でも仕事へは行かなくちゃ…

後ろ髪引かれる思いで病院を後にするのでした…

 

 

 

to be continued…