佐藤家成長記。

このブログは、2016年8月25日に誕生した息子の育児をしてるなんて言えるほど何もできていないが、出来る限り家事や育児に参入しようと奮闘するひとりの美容師のブログである。野球と友人と家族と仕事を愛しています。

最後の晩餐、の巻

お世話になった病院は住んでる元住吉にあります。

 

【北村医院】産婦人科・小児科・内科の各専門医が妊娠〜分娩〜産後をサポートします。

 

北村医院さんで健診を受けてました。

 

奥さんの実家の横浜で里帰り出産する予定でしたが、色々あって北村さんで産むことに。

(その件は後日触れることにしましょう)

 

健診の時から北村先生の人柄や、助産師さんやスタッフさんの丁寧な対応に非常に感激していた奥さん。

 

僕自身、病院は綺麗だし、産後1週間入院できるということでありがたいなーと感じていました。

 

22:00まで面会出来るってのも仕事をしている旦那チームにとってはいいポイントのはず。

 

1Fがエントランスと駐車場。

2Fは受付と診察室。

3Fは病室と分娩室。

4Fは個室の病室。

5Fはレストランカフェ。

 

ウチは3Fの4人部屋に入院していて、ご飯は朝昼晩と5Fで食べるらしい。

(おやつも毎日ある)

 

生まれる前に見学したときも眺望も良いしキレイで良い感じだねって感想でした。

 

申請すれば家族も一緒にご飯が食べられるとのことで、

唯一食べられそうなのが仕事がお休みの日の晩御飯だったので一緒に食べることに。

(毎晩ご主人も一緒の方もいたそうです。あと経産婦さんとかだと上の子も一緒にとか)

 

f:id:arateen:20160907160115j:image

 

献立は決まっていて、事前に分かってるのですがこの日は中華風でした。

 

ごはんとかのおかわりは出来ないけど、コレがまた美味しい!

 

しっかりお腹いっぱいになりました。

 

他にはお母さんと一緒に食べてる方がいたり、入院している方同士でテーブルを囲んでいたり、1人で食べていたり。

 

同じ時期に産んだっていう共通点は年齢なんか通り越して、仲良くなるには充分すぎるきっかけなんですね。

 

僕も面会に来てて同じ時間に毎回会う旦那さんとちょっと話したりして、

この都会で、他人との関わりが薄れてきてしまっている今、世の中まだまだ捨てたもんじゃないなって思ったりしてました。

 

で、食事の話ですが…

 

出産が終えたばかりにもかかわらず、体力が落ちているからとボリュームたっぷりのメニューなんだとか。

 

ま、献立決まってるからね…

 

もちろん残してもいいんだけど、美味しいから全部食べちゃうらしい。

 

f:id:arateen:20160907160707j:image

 

昼ごはんは基本ボリューミーらしい。

 

f:id:arateen:20160907160733j:image

 

和食の日もある。

 

f:id:arateen:20160907160752j:image

 

美味そうやんけ…

 

f:id:arateen:20160907160813j:image

 

おやつも美味しいみたいです!

(撮影は全て奥さん)

 

なんか、何から何までありがとうございます…って感じ。

 

奥さん自身も何にも不満なく、むしろ最高の環境なんじゃないかな?との事でした!

 

僕も仕事しながらお客さんとそういう話になって、北村さんで産んだって方何人かいたけど必ずオススメされてました。

 

元住吉付近にお住いの方、いいんじゃないかなー。

 

まぁそんなこんなで最後の晩餐を一緒にして、奥さんも嬉しそうだったし、食事も美味しかったし、後は退院するだけだ!

 

と、病院で過ごす最後の夜が更けていくのでした…

 

 

 

to be continued…