仕事と育児と、ときどき野球。

2015.12.11に入籍をし、2016.8.25に息子が誕生。 このBlogは、妻と子育てに奮闘する日々と、美容師として一生懸命に仕事に生きる日々、そして野球を愛する日々を送る1人の男の記録である。父親、野球ファン、美容師としての日常をご覧あれ。

年越しダイジェスト。の巻

お正月感も失われ始めた今日この頃。

仕事もだいぶ日常になってきて…あああ嗚呼ぁぁぁ。

 

こんな時、お正月を振り返ってホッコリしたい。

そんな想いでダイジェストをお送りします。

 

f:id:arateen:20170111205156j:image

 

30日の職場の忘年会を終電で帰れたため(ホントは朝までコースだったけど…)、31日の朝はニコニコの奥さま。

恐らく各家庭、飲み会の翌朝の奥さんの様子で全てが決まると言っても過言ではないと思いますが、見事それを乗り越え2016年最後の日をスタートさせる事に成功。

連休の初日、それはすなわち連休そのものの明暗を分ける!

 

f:id:arateen:20170111211925j:image

 

スタイもつけて出発準備。

この日は武蔵小杉で買い物してから奥さまの実家へ行く予定。

 

f:id:arateen:20170111212051j:image

 

帽子も。なんかブカブカなので結局やめた。

 

f:id:arateen:20170111212156j:image

 

先輩からのお下がりに身を包む息子さん。

夕方には実家へ到着。

 

f:id:arateen:20170111212317j:image

 

久しぶりのじいじ。泣くな息子よ…

 

f:id:arateen:20170111212418j:image

 

レジェンド・ばぁば、本領発揮。

 

f:id:arateen:20170111212504j:image

 

1番上のお義姉さん家族より。カッコよく作って頂きました。

 

f:id:arateen:20170111212647j:image

 

ワインを飲みまくりました。

 

f:id:arateen:20170111212734j:image

 

イエモンを真剣に見つめる息子さん。最近テレビ観るよなぁ…

 

f:id:arateen:20170111212955j:image

 

真ん中のお義姉ちゃん夫婦にも。可愛がってくれる人たくさんいていいね息子!

 

f:id:arateen:20170111213109j:image

 

氷川きよしは荒城の月ですか…彼もベテランに片足入り始めた感ありますね。ここまでくると紅白も終盤。

 

f:id:arateen:20170111213359j:image

 

いいねぇー。ぼくちゃん人気者!

 

f:id:arateen:20170111213523j:image

 

なんだかんだ、このまま白組が勝つと思ったんだけどなぁ…今年の勝敗はなんだか謎の結末でした。

 

f:id:arateen:20170111213637j:image

 

そして年越し蕎麦!

買ってきてもらった天ぷらと、こだわりのお蕎麦。急遽とろろ芋をする事になり、急いで準備して持ってったら年を越して3分が経過していました。

年越しの瞬間はお義姉ちゃんと台所で越すというシュールな2017年の幕開けでしたが、お蕎麦が美味しくて、ま、いっかな感じで。

 

こんな感じで僕の初めての嫁さんの実家で過ごす年越し〜年越し蕎麦が美味しくて〜は無事に過ぎて行きました。

 

次は初めてのお正月編!お見逃しなく。

 

 

 

to be continued…

新年明けましたっ!の巻

2017年になり申した。

 

明けましておめでとうございます。

そういえば今日は弟の誕生日。おめでとう!

 

年末年始は無事?奥さまの実家で年を越し、正月を過ごしました。

1月4日までのおやすみでしたが、地元以外で過ごすのは2回目でした。

文化の違い、いや、家庭の違いに戸惑いながらも、お正月らしいお正月になったんではないかと思います。

 

今年は酉年だけに飛躍の1年にしたいです。

仕事人の自分としても、佐藤ファミリーとしても、横浜ベイスターズも!

 

飛躍して、一皮むけて、また更なる高みに飛躍できるように1日1日大切に過ごしていきたいと思います。

1日は24時間、1年は365日しかない。

 

そして、最近野球ネタにはノータッチでしたが、来シーズンのプロ野球は波乱のシーズンになりそうです。

移籍や引退、FAや新人など選手の動きがポイントとなりそうです。

 

何はともあれ今年も始まったばかり。

自分と、自分達家族、周りにいる友人達、コレを読んでくださっている皆様が少しでも幸せになれる1年でありますように。

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

f:id:arateen:20170107001514j:image

 

Loveのある1年を!

 

 

 

to be continued…

 

仕事納め、blog納め。の巻

12月31日。

きましたね、大晦日。

 

仕事

 

繁忙期(で、なくてはならない)の仕事を30日で締めくくり、恒例の忘年会を終え、二日酔いもなく目覚められた1年の最後の日。

 

どんな思いで1年を振り返ろうかなぁと思いましたが、今ただただ頭に浮かぶ言葉は

「やっと終わった…」

これに尽きますね。

 

12月は個人の過去最高売上を記録できた。と、いうことはそれだけ多くのお客さんの髪の毛をやれたということ。でも、

《お客様を幸せにしたいとか人生を輝かせたい!そのお手伝いをさせれください!》

みたいな綺麗事を言うつもりはないです。

 

でもあなたの髪の毛を切って、染めて、曲げて、洗って…お店に足を運んでもらってそれらの事をして、次また来てくれるその日まであなたが会った人、関わった人、触れた人、見た人がなんかちょっと思ってくれたらそれで良いかなと思っています。

良いなと思ってくれればなお良し。

 

例えばその方 人の髪の毛をちょっと変化させたら気分がちょっと変わって、関わる人達の見方もちょっと変わって、仕事や趣味に臨む姿勢もちょっと良くなって、大きくはないけど色々なんかちょっと変わったっなって。

 

そんな風に思ってもらえる仕事が今年は出来たかな?と。

今は燃え尽きてしまっていますので、あとでゆっくり向き合いたいと思います…

あまり理想論ばっかり語ってても仕方ないのですよほんと…

でも夢や目標は高く!こだわりは強く!

ホントはアツイ男なんですよ、僕…なんて。

 

今年のblogはこれで最後

 

に、なりますね。

 

今壁に寄りかかりながら書いてますが、お腹の上で息子さんが寝ています。スヤスヤ。

 

8月に息子さんが生まれてから始めたこのブログももう4ヶ月になりますか…

つたない文章と稚拙な表現しかできませんでしたが、見てくださっている方ありがとうこざいます。

 

元来、飽きっぽく物事が長く続いたためしがない人間なのですがなんとか年内やれました。

何に気を使うわけでなく、言いたい事や思った事をハッキリ書きたいんだと思っておりますが、来年はもっと正直にいきます。

っていうか綺麗事が本当に苦手だし、そういう事を口にしている自分が嫌いなので、他人に不快感を持たれない程度の歯に絹着せぬ感でやらせて頂けたなと。

 

まぁ…そんなとこで。

 

昨日忘年会の1次会だけの終電で帰ったので奥さまも怒ってません。

息子さんも大きな病気せず健康すぎるくらいにスクスク大きくなっています。

僕は12月増えるかと思った体重が減ったのはいいですがお正月だ激増するのか自身は不安にかられています。

そんな大晦日の佐藤家はいたって平和。

目の前では奥さまがメイクしています。今日はこれから嫁さんの実家がある横浜へ。

婿ではないけど、お婿さんしてきます。何したらいいんだ…とにかくたくさん食べて飲むことが親孝行か、と思って行ってきます。

 

締まらない締めくくりとなりましたが、皆様よいお年を。

それぞれの年越しとお正月を楽しく過ごしましょう。

 

では、息子さんのダイジェストでお別れ。

 

f:id:arateen:20161231113509j:image

 f:id:arateen:20161231113524j:image

f:id:arateen:20161231113546j:image

f:id:arateen:20161231113611j:image

f:id:arateen:20161231113630j:image

f:id:arateen:20161231113646j:image

f:id:arateen:20161231113715j:image

f:id:arateen:20161231113735j:image

f:id:arateen:20161231113753j:image

f:id:arateen:20161231113807j:image

 

可愛すぎ。

今年は見事に親バカでになっちゃいました!

 

しかし息子…重いよ…

 

 

 

to be continued…

 

 

 

我が家のクリスマス@2016 の巻

今年は23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)とクリスマス連休と銘打った世の中にはHappyな風が吹いていましたね。

 

え?全然Happyじゃない?

まぁいろんな人がいるでしょう。そんな時もありますし、逆の時もあるでしょう。

上がる波があれば下がる波もある。ニンゲンだもの…

 

さて、佐藤家のクリスマスはどんなかな?

今年は家族3人で迎える初めてのクリスマスという特別感たっぷりのクリスマスとして迎えました。

 

まずプレゼント

 

息子さんは0歳でわけもわからず…なので、親の独断と偏見でチョイスしました。(親の、というより嫁の?)

 

f:id:arateen:20161228094623j:image

 

GAPのニット達。

 

昔はどこかで「GAPかよ…」と正直思っていましたが、家族ができた今「GAPスバラシイネ」です。

 

僕は職業柄、オシャレではないけど小洒落てはいたいので、お揃いとか本当にムリかもと思っていましたが、このボーダーシリーズは前々から気になっていましたので嬉しいです。

 

コレを全員で着て出かけるのかと思うと想像はできませんが…いつかやってやりますよ。ああ、やってやりますとも!

ちなみに今の所まだ出番ないですが…この冬どこかで登場してくることでしょう。

 

f:id:arateen:20161228095217j:image

 

僕はスターウォーズが大好き!なのでポーチとティッシュケースを買ってもらいました。

ティッシュケースは奥さまが使っています。

 

f:id:arateen:20161228095332j:image

 

ルーカス・フィルムがディズニーに買収された時、正直ユニバーサルの方がいいんじゃないかなぁと思いましたが。

 

グッズの充実はさすがディズニー。

プロモーションも多彩だし、スピンオフも出してるし、さすがだなディズニー!

 

で、器をゲットしました。これはエピソード7の絵柄ですね〜

 

プラスαありますが、我が家のクリスマスは夫婦で、または家族で、ってのがテーマです。

 

お料理

 

僕は土日仕事のため、料理関係は全て奥さまが担ってくれました。

美味しかった!ありがとう!

感謝しかありません。

 

f:id:arateen:20161228154403j:image

 

クリームソースの美味しいやつ。


f:id:arateen:20161228210322j:image

 

サーモンのカルパッチョ

 

f:id:arateen:20161228210358j:image

 

ポテトサラダとホットサンド。ビールも飲みました。

これが第1部、イブのメニュー。

 

f:id:arateen:20161228210539j:image

 

サラダとかコーンスープとかチキンとかポテト。

 

f:id:arateen:20161228210618j:image

 

サーモンのリゾットもありました。

うちは決してサーモン好き一家というわけでは無く、連日のサーモンはたまたまです。

 

f:id:arateen:20161228210713j:image

 

珍しくGoサインが出たので買ったシャンパンは1人で飲みました。

ヒャッホー!と嬉々として開けましたが、後半若干飽きました…いいモノってのは少しでいいのですね。

 

ケーキ

 

f:id:arateen:20161228210851j:image

 

自由が丘にあるパリセヴェイユさんのケーキを予約しました。

今年はA〜Fまでありましたが、迷ってて出遅れたため予約した時にはEしか残っておらず、マンゴーのナンチャラカンチャラのケーキにしました。

残り物には福がある。とても美味しかったです!

 

パリセヴェイユは特にホームページはなく…自由が丘近辺の方々でないと謎に包まれたお店であると思いますが、間違いなく自由が丘を代表するパティスリーだと思います。

 

 

まとめられていましたので参考までに載せておきます。

クリスマスケーキは電話予約やネット予約ができません。

店頭でのみの予約と受け取りになるので、来れる距離に住んでいないと厳しいかもしれませんが一食の価値アリです。

 

僕は仕事の合間に予約し、仕事の合間に受け取りました。

美容師のような仕事だから成せる技ですが、背徳感もありつつ…お許しください。

 

と、、佐藤家の初のクリスマスはこんな感じに過ごしました。

しいて言えばチキンを2つ食べたかったですが、料理は奥さまが頑張ってくれたので大満足です。

これから息子さんが大きくなれば子ども中心のイベントになっていくんだろうなと思うので、こうやって2人の自己満足で過ごせてこれはこれで良かったと思います。

 

f:id:arateen:20161228212422j:image

 

クリスマスっぽい植物を買ってきてみたりなんかして。

雰囲気、大事ですよね。

 

来年のクリスマスはどんな感じになるかなーと今からワクワクします。気がはえーよって感じですけどね。

 

最後に、クリスマスでもなんでもそうですが、イベント後に飾りとかを撤去するあの瞬間…

やっぱどこか寂しいですよね。

でもまた次への期待を胸に。また来年!

 

 

 

to be continued…

おばあちゃんのお通夜に行ってきた。の巻

人との別れは本当に急に訪れます。

昨日元気だった人が今日どうなるかなんて分からないけど、そんなことばかり考えて生きている人はいないハズ。

それでも、悲しいけれど誰か亡くなったりしてしまった時、大切な人達のことを思い出しますよね。

来週しようと思ってた電話、今してみよう。とか。

 

冒頭から呟いてしまいましたが、義理の祖母が天国に召されてしまいました。

入院されていて、でも遠くなくどうこうって話は出てなかったので本当に急でした。

85歳。長寿が目立つ昨今ですが立派に往生したのだと思います。

 

僕たちが結婚した時すでに入院されていたためなかなか会えず、子どもも生まれたので先々に延ばし延ばしになり…来春あたりに3人でお見舞いがてら行こうと話していた矢先の出来事でしたので僕は会えずじまいでした。

 

後悔が2つあります。

まずは直接お会いして結婚のご報告ができなかったこと。

そしてせっかくひ孫が生まれたのに抱かせてあげられなかったことです。

どちらも実現させようと思えばやれるチャンスはあった…

明日、明日となんだかんだ先延ばしにしていた…

あの時ああしていたら、こうしていれば、たら、れば、タラレバたられば…

タラレバ言ってももう過去へは戻れないので仕方ないですが、正直悔しいです。

おばあちゃんごめんなさい。

 

僕の祖父母は母方は2人共亡くなってしまいましたが父方がまだ健在で、特に病気しているわけでもなく今の所元気に生活しています。

息子さんが生まれてすぐ、別件で東京に来ることが前々から決まっていたので奥さまの実家までお邪魔させてもらい抱かせてあげることができました。

 

今回の年末年始も成長した息子さんに会えるのを楽しみにしていましたが、今年は特に雪深い岩手はハードルが高いだろうということで(実のところはチャイルドシートがまだ無いとか、要は向こうの受け入れ態勢に向こうの人達が自信がなかったからなのだけど)回避したのだけど、会える時に会っておかないと…元気なうちにたくさん抱かせてあげないと…と思ったりもします。

まぁそれで行くか!とかはならないですが、やっぱ不謹慎だけどそういうこと考えちゃうじゃないですか…!

 

僕は内孫(一緒に住んでた孫)だし、両親共働きだったので小さい時から本当にじいちゃんばあちゃんっ子として育ちました。

岩手を離れてもたまに電話とかしたり、何か送ってくれるのがとても有難くて…今もお米や野菜を送ってくれる(独身時代はレトルトカレーとか、缶詰とか)。

震災の時は朝たまたま電話で話してて、その後あの映像をニュースで観て「あ、終わった…」と。神様が最後の会話をしろと朝電話させたのかーとか思って泣けてきたけどピンピンしてて安心したり。

 

話がだいぶそれましたが、僕にとって祖父母は特別な存在だということ!

それは結婚して新しく祖父母になってくれた奥さま側のおじいちゃんおばあちゃんも同様です。

ですので今回の件は非常に悔やまれます。

Wお悔やみです。

 

なのでお通夜かお葬式は絶対に行きたかった。

いや、行くべきだと思いました。

生まれた息子さんを連れて、最初で最後のご挨拶をするべきだと。

 

12月も残すところあと数日となり、予約もドンドン入ってきている日々ですが奇跡的にお通夜の時間帯が丸っと空いていました…

なるほど…行けよという事なんだなと。

仕事を途中で切り上げて家に帰って着替えて息子さん連れて行ってきました。

 

f:id:arateen:20161224001001j:image

 

息子さんには朝から今日らひいばあばのお見送りに行くんだよーと言っておきました。

理解してるわけないですが、ちょうどおっぱいタイムを調整しててくれた様な気がします。

機嫌もよくおりこうさんでお見送りできました。

きっと赤ちゃんの彼はおばあちゃんにも会えたんだろうな…

 

f:id:arateen:20161224001528j:image

 

無事終わってお姉ちゃんに抱かれご満悦の息子さん。

 

僕にとっては初めての自分の直接の親族以外の葬祭関係でした。

自身側でも最後に出たのは母方の祖父のときなので8年前くらいか…

経験豊富もなんだかなーですがなかなか経験できない体験をさせて頂いたなぁと思います。

不謹慎ですが、こういうのは回をこなせない分1回1回が勉強だなと。

そういう意味でも出れてよかった。

家族が増えたんだ、という事を肌で感じる機会となりました。

 

他人行儀に言いますが、これから遺族は故人のいない世の中で生きていく事になります。

良くも悪くも変化していくし、その変化を受け止め、受け入れていかねばなりません。

不動なんてものはない。

しかしその変化のタイミングの時、重みを分散したり変わっていく何かの一部になって行けるのが家族であり、奥さまの家から見たら僕の様な外から来た新しい家族の役割なのかなと思います。

微力ながらその一部を担える様、頑張りたいと思いました。

 

しかしこれを機に今まであった事のない親族の方々にお会いできて良かった。

こちらから行かないといけないのだけど遠くてなかなか…と思っていた方々が来てくれたのでラッキーでした。

こういうのも、故人(であるおばあちゃん)が引き合わせてくれるんだってよく言いますが…

信じるか信じないかは、あなた次第…ということですね。

 

僕ですか?

僕はもちろん、信じる派です。

 

 

to be continued…

 

3年ぶりに風邪をひきました。の巻

前回のが、ひいたのがいつだったか忘れるくらい前の話なので不確かではありますが、恐らく約3年ぶりに風邪をひきました。

 

 

 

この時、あれだけ体調管理を謳っていたのにトホホなかんじです…

 

今回の戦いは水曜日夜〜水曜日朝までの長い戦いとなりました。

その模様を1週間分まるっとお伝えします。

 

結論、正直しんどい。

 

結論から申し上げます。普段が健康過ぎるのでしょうか…否。疲れまくってる時もあります。

お腹が痛い時もあります。(コレはけっこうある。今も若干) 腰や肩が痛い時なんて多々あります。

けれどどれも継続性に乏しく、割と半日とか1日とかで良くなるレベルの話。

例外で各関節に関しては何年も慢性的に抱えている問題なのでもはや共存状態。

そんな人間が約1週間もかけて身体と心をむしばまれては正直しんどいに決まってる。

 

12月14日(水)…

 

前日お休みだったため何時も通り、いや、何時も以上に激しく仕事する。

夕方辺りから喉に違和感を感じるが、水分補給不足だろうと甘く見る。

家に帰る21:30辺りから自信が確信に変わるように、違和感は風邪の初期症状の自覚へと変わる…

奥さまに報告する。

ビタミンを摂る。

 

12月15日(木)…

 

しかしそれ以降の進行が無かったため、用心しながらも仕事へ。

週末の予約がたくさん入り、もはや休む選択肢は無いのだと悟る。

手が空いたら近所の病院へ行こうかなと思いつつ、この日もなかなか忙しく行けず…栄養のある食べ物とチオビタで散らすことにする。

咳が出始め喉が痛む。ダルさや熱はナシ。

帰ると奥さまが優しくしてくれる。

ここ最近厳しめの対応が増えてきたと思っていたところだったので、体調の悪さと相まって女神の様に思える。

これもある意味病気かも…

 

12月16日(金)…

 

喉と咳に加えて左の鼻の奥が痛む。鼻水が左からのだけ出る。溢れる。

本格的に覚悟するも、この日も忙しくのど飴を舐め、マスクをし、鼻水をかみながら営業。

お客様1人ひとりに謝りつつ、理解をもらえ応援してくれている現実に感謝する。

この日の夜も子どもを100%見てくれて、奥さまの気づかいと優しさに救われる。

 倒れるようにベッドに横になる。

 

12月17日(土)…

 

この週末の予約は今月ピークかもしれない…それと比例する様に、僕の体調もピークを迎える。

副鼻腔炎なのではないかという鼻の状況に加え(社長が副鼻腔炎で苦しむ様を近くで見ていたので詳しい)、喉の痛みと時たま咳が出るも、幸いなことに熱はなく動くことに支障はない。

いや、支障ないことはないが、熱のある風邪に比べたら天と地ほどの差だ。

しかし鼻の状態を甘く見て、こんなにも痛いのかと先の見えないトンネルの中にいる様な心境になる。

せっかく作ってもらったおにぎりは食べれなかった。

 

12月18日(日)…

 

前日よりも鼻が楽になり、慢性的に続くという副鼻腔炎でない確証を得てホッとする。

喉の痛みも半分くらいは引いてきた。咳はでるが、のど飴で散らす。この時はいらしてたお客様、大変ご迷惑おかけしました…が、お心遣いに感謝。

この週末は土日と来年新卒の子の体験入店(平たく言えば堅くない入社試験のようなもの)があったため、気持ちが高い位置にありそれがよかったのかなと。

僕の体調なんてその子には全く関係ないからね。気持ちを切らさずにいられたのはこのおかげかもしれない。

営業後の面接まで頑張り、家に着いたのは23:00過ぎ…家に帰ると暖かいご飯と「お疲れ様」の言葉と家族がいる。

体調も悪く、今週は毎日忙しく満身創痍気味だったからだろうか、身にしみてそう感じた。

 

12月19日(月)…

 

この日は朝起きたら鼻も通るし、昨晩から咳も少なくスッキリ目覚めた。

鼻の奥の喉近くがずっと痛かったがそれが全くな…嬉しくなる。久々の健康が目の前に来ているんだと、長いトンネルの先に出口の光が見えた。

仕事は常連のお客様がこの日は3名のみ。言い方が正しいかは分からないが、安定の営業ができる。隙間でクスリを買い、お昼も食べられた。

朝から夕方になるなつれて回復していっているのが実感できる。健康ってこんなにも有難いものなんだね…

1週間なんとか過ごせたことと、体調が復調してきたことが嬉しすぎて飲みに行きたくなるところだがグッとこらえる。

そう、目前に迫ったクリスマスカードの発送期限があるため、居残りでカードを書く。

全員で残るが、1人、また1人と帰っていく中さすがに23:00になりそうだったので帰宅。

 

帰るとこの日の夕食は何だったかな…とりあえず大好物だった。

メニューより何より味がする!

味がするよ母さん!

嚙みしめる。

寝る頃には咳もあまり出ず、でもクスリはしっかり飲んで早めに就寝。

この日は専門の同級生達と飲み会の予定だったので行けなかったのが心残りだが、いた仕方ない…

 

12月20日(火)…

 

ほぼ快!

この日は年内最後の定休日なので、用事を済ませて家でゆっくり。

風邪のおかげであまり近寄らなかっれ息子さんにベタベタして過ごす。

奥さまにもベタベタしようとするが、軽く跳ね除けられる。トホホ。

書ききれなかったクリスマスカードと、自分達の年賀状を書く準備まで出来た。

今夜の食事は手作り餃子。

味がする!量が食べれる!

サトウアラタ完全復活!

 

まとめ。

 

今週頭の水曜日より快調に仕事出来ています。味もする。咳も出ない。

何気ない何時も通りがこんなにも尊いとは。

やっぱり健康って素晴らしい。ちょっとお腹痛くなっただけでもそう思うから、なおのこと。

 

今回の事での学びは、風邪かも?と思った時に対処しておくのが大事!

風邪なんて吹っ飛ばすぜ!という気持ちも大事!

でも1番大事なのは普段から手洗いうがいを怠らないとか、規則正しく生活するとか、そうならないための予防なんだなって痛感しました。

スイマセン、当たり前のことただ言いました。

30歳男子、身をもって学びました…

 

仕事もサクッと休めればいいのですが、自分の代わりなんていないワケですので休むワケにもいかず…

そんな中来てくれたお客様には申し訳無かったですがゲホゲホとやらせて頂きましたが、やはり猛省すべきですね。

 

自覚はもっているつもりでしたがつもりで済まさないように邁進して参ります。

パパ、健康オタクになるよ…

 

それは言い過ぎかもですが、風邪はひきたくないもんです。

皆さまもお気をつけて。

 

 

 

to be continued… 

初めての結婚記念日を祝いました。の巻

12月11日。

私たち夫婦の結婚記念である。

なぜその日なのか?それぞれのご夫婦にエピソードがあるように、私たちにもそれなりのエピソードがある。

今は言わないけど、ある!

 

そんなこんなで入籍した2015年12月11日から1年が経ちました。

早いようで、長いようで…

これから何年も何十年も共にすると考えると、1番相手をのことをよく考えたし、1番喧嘩したし、1番笑ったし、1番幸せで、きっと1番濃い1年になったに違いないと思います。

当たり前ですがまだこれから先の1年1年がどうなるかなんて想像すら出来ないですので、この想いを毎年この時期に更新できたらいいなぁと思います。

 

f:id:arateen:20161214221654j:image

 

ハンカチをあげました。

(忘れないようにここに書いておこうと思ってるのはココだけの話)

 

f:id:arateen:20161214221828j:image

 

バラと。

1年づつ増やしていこうと思ったのですが、すると80歳で50本の薔薇の花束を持てるか不安だったので毎年1本ってことにしようと思います。(暫定)

 

f:id:arateen:20161214222042j:image

 

奥さまは料理を!

僕の好きそうなものばっかりです。上からものを言うわけじゃないけど、ホント料理上手くなったよね…

 

手紙も交換しました。

今はメールとかLINEが主流ですし、僕らも青春時代から携帯世代として育ってきました。

なんだかんだ便利だし僕に到ってはSNSもフル使用なので切っては離せないモノなのですが、紙の文化は続けたいなぁと思います。

 

デジタルじゃ伝わらない温度みたいなのってあると思うし、データじゃなく紙で残ってるものって後々見たときに思い出す気持ちとかとか大切な何かとかフラッシュバックして、その時つまづいてたり悩んでたりする時に良いきっかけになってくれたりした経験ありませんか?

僕はよくあるんです…

 

面倒だからと無くしていい文化ではないと思うし、便利だからといって風化させたくないと思っています。

だから佐藤家はもちろん年賀状も書きます。

大きくなったら息子さんにもこれは伝えて、家族で続けていきたいなぁと…

 

話が逸れましたね。

とにかく、そんな日でした。

奥さま、まづは1年ありがとうございます。

1年前はまさか翌年の今ごろ子どもがいるなんて思ってもみなかったけど、います。存在してます。

そう思うと、来年の今ごろなんてどうなっていることやら…想像もできないけど、でも色んな事想像しながらまたやって行きましょう。

 

いつもありがとう。

また1年、よろしく!

 

 

 

to be continued…