仕事と育児と、ときどき野球。

2015.12.11に入籍をし、2016.8.25に息子が誕生。 このBlogは、妻と子育てに奮闘する日々と、美容師として一生懸命に仕事に生きる日々、そして野球を愛する日々を送る1人の男の記録である。父親、野球ファン、美容師としての日常をご覧あれ。

男の子は弱い…

満身創痍の状態から一転し回復の兆しが見えてきました僕です。

 

今は咳がほんの少しと、声がハスキーボイスですがそれ以外はほぼ治ってきました。

 

改めて思う、それは健康って素晴らしいなということです。

どこか調子を崩した時につくづく思い知らされますね。

もう体調は崩したくない!

 

嫁には全くうつらなかったので幸いでした。

やはり嫁という存在は生活の要であり、なくてはならない存在です。

家事ならいくらでも代われるけど、ママにはなれないしましてやおっぱいなど出ませんので、やっぱり元気でいてもらわないといけませんね。

自分が元気になったら労ってあげようと思います。

 

そして息子は…

 

f:id:arateen:20170615110831j:image

 

元気に遊んではいるけど、前の風邪が良くなってきたと思ったら別の風邪をひいています。

 

前のは鼻水と目ヤニがすごく出る風邪。

今回のは熱が上がって、下がったと思ったら鼻水ガビガビです。咳も少し。

 

f:id:arateen:20170615111417j:image

 

朝。

鼻の周りガビガビです。

 

今朝はだいぶ体調も良さそうだったから、明日から保育園行けるかな…?

 

男の子は弱い…

 

世間で言われているように、確かに男の子はすぐ風邪をもらうみたいです。

 

僕は男兄弟だったし、子どもも息子なので比べたことがないので良くわかりませんが、

保育園でも男の子の方がよく熱出たり風邪ひいたりするみたいですね。

 

確かに隔週くらいで小児科行ってる気もします…

 

そして僕ばかり風邪ひいて、嫁は全然ひかないし…

 

成長すればゆくゆくは強くなっていくだろうけれど、ちっちゃい時ははやり弱っちいんだなぁ。

 

甘えん坊だし、弱っちいし、思春期にイジるネタがたくさん。

だから恥ずかしさもあり反抗期があるんでしょうね。

恥ずかしいから反抗的な態度しちゃうんだよな、あの時期は…(遠い目)

 

男の子は弱いってのはしょうがないかも知れないけど、そんなことばっか言われるのもなんかシャクだよな…息子よ。

 

頑張って元気になろうぜ!

風邪ひいても早く治りたいものですね!

 

息子だけ風邪ひいてると、可哀想だから代わってあげたい〜って毎回思いますが、今回みたいな風邪をもらうと思うと考えものです。

 

そこらへんのメンタルも、弱いんでしょうね男(の子)は…

 

トホホ。

心身ともに強くなるぞー!

 

風邪が完治したら、温めてた自分改造計画をついに動かします。

強靭な身体を取り戻すぞー!!

 

 

 

to be continued…

満身創痍とはこういうことを言いますか…

只今の私の状態。

* 長引いている風邪

* ごまかしきれない腰痛

* 右足親指の骨折かとも思われる痛み

* 左上の歯の痛み

* etc...

 

嗚呼…これが満身創痍ってやつか…

 

と思いましたが、似た様な状態の時に使っていましたが調べたらちょっと意味が違ったようで。

どちらかと言うと、薬石無効の方が合っているかもしれません。

 

『満身創痍』

身体中が傷だらけであること。又は誹謗・中傷を受けて精神的に痛めつけられている様。

 

『薬石無効』

病人に対して薬や治療の効果がなく、治療のしがいがないこと。

 

近ごろは何ごとも知ったかぶりをしないように気をつけていたりします。

昔職場での何かのスピーチで「昨今(さっこん)」って言葉を使ってから知識人と勘違いされているんだけど、そろそろホンマもんの知識人目指さないといけない大人になってきたのかな、と。

 

間違った解釈で覚えてしまっていることや、昔はちゃんと正しく使えていたけど月日が経つにつれてねじ曲がってきてしまった言葉達は多んじゃないかなぁと度々感じたりもする。

 

仕事をしていると色々な年代、職業のお客さんとたくさんお話する機会がある中で、稚拙な表現しか分からなかったり、正しい熟語じゃないけど「それっぽいことです」的に伝えたりしちゃうこともしばしば。

 

これがいけないわけじゃないし、それも個性やんと言ってしまえばそれまでなんですがね…

美容師=学歴ないから頭が悪いって思う人はいないかもしれないけど、そう思われないように自信持って自分の言葉を鍛えていきたいんす。

自己満です。ちっちゃいプライドです。

でもそんなプライドを持つことが大事なんじゃないかなと思います!

チャチなプライドじゃなく、誇りね!

 

もちろん普段はご愛嬌で済んでるんだけど(済んでる、よね…)、自分より年下の方や学生さんとお話する時に、やっぱ正しい日本語で会話したいなぁと思います。

自分の子どもにも、正しい日本語を親から学んでほしいってのもあります。

 

と、いうことで自分の中での満身創痍という言葉の使い方は間違えていたようですので、本日から正していこうと思います。

 

前置きがだいぶ長くなったけど、先月下旬から本日にかけて万全な状態の日が全くない僕です。

 

もちろん一気にこうなったわけでもないので、一気に回復するわけでもない。

順番に治していかなければならないけど、まず治したい風邪がぶり返しの嵐でなかなか完治しない。

 

病院で、症状が良くなっても薬がなくなるまで飲み続けて下さいねとよく言われるじゃないですか?

まず、薬がなくなったのに治ってないので。

今までこんなことなかった。よほどの事でもない限り3〜5日で良くなってたのに今何日目や…

そして今年入って何回目の風邪や…

呆れてる…自分に呆れてる。

 

でもなっちゃうもんは仕方ないし…子どもとか保育園からもらってきてるのは明白だから免疫できるまではと諦めてるけど 、ただただ何もせずいるわけにもいかんのですよ。

やりたいこと全然出来ないし、仕事するのもツライ。

 

こんなのが続くのは嫌だ!!

 

いつやるの?

 

今でしょ!

 

って勝手に気合を入れたところで今まで目をつぶり続けてきたコトに着手します。

それはズバリ、

 

健 康 !

ウチの妻はアスリートの妻ではないので、栄養士の資格を取って徹底した栄養管理をしてくれるわけではありません。

 

普通の妻ですので、普通にご飯を作ってくれます。僕は何より普通のご飯が好き。男子はやっぱりお子様メニューが好き!

ありがたい!ありがとう!

(ホントにそう思ってるからね!)

 

でもね、決定的に足りてないモノがある…

それは美容師あるあるでもあるこの件。

 

決定的な昼メシ不足!栄養へのおざなり!

 

忙しく食べれない日もあれば、僕なんてもはやほぼ食べません。食べてもお腹がふくれるものだったり。栄養は度外視。

食べないコトに慣れるというホントにイケナイ慣れ方をしちゃってます。

 

でも体調が悪い最近は身体に良さそうなもの食べたり…

でもその時になって食べ始めても意味ないよね!

 

昔栄養管理の学校に通ってた友人に聞いたんだけど、その食べ物を食べて身体に反映されるのって大体2〜3ヶ月かかるらしい。

ってコトは?

 

風邪ひいちゃってから急に身体を労った食べ物食べても意味ないってコト。

ダイエットフードとか食べてもすぐ結果に結びつかないのは当たり前ってコト。

夏になったからスタミナつけようって言って焼肉食べても遅いってコト!

 

だからダイエットとか筋トレの成果は2〜3ヶ月後に出てくるってのもうなずける。

8月にスタミナつけときたければ今ぐらいに食べとかなきゃダメらしい。

つまり風邪ひいちゃうのは仕方ないにしても、常日頃から身体に良い食生活してたら症状も重くはないし回復も早いってコトですよね。

 

そう…当たりまえのことかもしれない。

でも自分にとってはまだ若いを言い訳に目をつぶってきたカテゴリーだったんです…

こう言ったら年配の方々に怒られちゃうかも知れないけど、決して若くないんだとまず認めるコトから!

これは決して後ろ向きな考えじゃなく、前に進むために必要な承認なんじゃないかなと。

 

その代わり仕事や遊びや夢に関しては一切若くもないからもう出来ないなんて思いません。

ここは思っちゃいけない。

 

これを機に、自分(31歳)は中年に片足の足首ぐらいまではつっこみ始めたんだと認めて1日1日を過ごそうと思う…!

 

具体的に何をするのか、何をすればいいのかはまだ分かっていませんが、とりあえず野菜とタンパク質を積極的に取っていきます。

 

今日はその宣言をしたので、あとはオトナの行動力を発揮するだけです。

 

健康人間目指すでー!!

 

ちなみに…

野球を始めるまで虚弱体質なもやしっ子だった僕ですが、先日までずっと体育会系タフな男になったのだと思ってました。

 

確かにそんな時期もあった…(遠い目)

中学で野球部、高校では陸上部をバリバリやり、小学生〜中学生までは学校の水泳の強化選手に選ばれ、小5からは高校卒業するまではずっと学年で1番足が速かった。

それも過去の栄光…

高校時代までに構築した筋肉と身体のベースは20代でちょっとづつ貯金を切り崩すように浪費し、30歳で蓄えはなくなり…

ただの着痩せだけはする恥ずかしいわがままボディ31歳・男性になり果てたのだ…

 

ここに恥ずかしい過去と現在を公表するコトによって、自信に満ち溢れた未来への自分を作っていけますように。

 

31歳を超えたみなさま、共に頑張りましょう。

 

 

つかまり立ち始めました.

冷やし中華始めてません。

冷中は我が家はまだ早いと思っております…

 

冷やし中華…通称、冷中(ひやちゅう)

胡麻と醤油が選べるバーミヤン夏の定番。

キッチン入った時はよく作ってたな…スタンバイがなくなった時、よく地獄を見たっけ…(遠い目)

 

逸れました。

本題はコチラ。

 

息子がつかまり立ちデビュー!

 

時は5月12日、朝…

何気ない平日の朝に衝撃は走った。

 

ちょこちょこ「つかまり立ちっぽい雰囲気」のことはしていたと嫁からの報告はありましたが、イマイチくすぶっている感が否めなかった息子。

 

野球で言えば2軍では打率3割打ったけど1軍上がってみたら.1割台だったわ…みたいな感じ。

 

分かりやすい。

分かりづらいか。

 

簡単に言うと、背番号もらってるのにスタメン外れてしまった球児みたいな感じです。

 

僕はこれを中学の時に経験しました。

完全に自分の力不足なんだけど、正直辛かったな…

評価されてるんだかされてないんだか分からなかったのも微妙なところだったし…(遠い目)

 

ま、そんなこんなの青春時代はさて置いて、

そのぐらいくすぶってた息子がついに一皮むけたのです!

 

朝のタイムラインに沿ってお送りましす。

 

am7:30   嫁さん仕事へ向かう。奥様の出勤は早いのです。

 

am7:45   お風呂を洗ったりトイレに行ったり顔を洗ったり寝癖直したり…etc…この間10分かからず。

 

am7:53   た、立ってる(つかまりで)…!

 

f:id:arateen:20170531231136j:image

 

メッチャ笑顔で!

なになに、この8分間に何があったの!?

立つっていう気持ちをかき立てる何かがあったの!?

エイヤー!ってやってみたら出来ちゃったの!?

子どもが「何かできるようになる」タイミングって不思議です。

子どもによっても違う。親の予想も超える。いやぁ、すごい。

 

興奮のままにスマホのシャッターを押しまくりました。

しかもこの時スマホは上の階に置きっぱなしだったので、2秒で取りに戻りました。

 

ここからスライドショーでご覧ください。

 

f:id:arateen:20170531231459j:image

 

得意げな…

 

f:id:arateen:20170531231536j:image

 

えっ、なに…

 

f:id:arateen:20170531231617j:image

 

何かもったいぶってる。

 

f:id:arateen:20170531231708j:image

 

「あ、俺〜できちゃったんすよね」

 

f:id:arateen:20170531231756j:image

 

「まぁ〜なんって言うんですかね〜」

 

f:id:arateen:20170531231937j:image

 

「とりあえず、『ドヤッ』ってことで」

 

f:id:arateen:20170531232031j:image

 

「ま、アレですよ…」

 

f:id:arateen:20170531232106j:image

 

「ヨユーっす」

 

そんな心の声が聞こえてきました。

実際は「あー」「うー」「おー」です。

 

しかし…

なんだこの可愛さよ。

 

これでまだ1つ大人に一歩近づいてしまった。

いや、成長だから当たり前だし素晴らしいことなんだけど、ちょっと寂しくもあり、転がるしかできなかった頃が懐かしくも思える。

 

赤ちゃんっていうより、子どもって方がしっくりくる感じになってきました。

 

これも成長。

しっかり見届けて、見守っていきたい。

 

仕事の拘束時間が長い自分にとってはこういうタイミングに立ち会えたことは奇跡的に嬉しいこと。

日々に感謝していきたいと思います。

 

嫁さんは悔しがっていましたが、ここは譲ってもらおうと思います。

ニコニコしながら大きくなってくれてるのは嫁のおかげ。ありがとね。

 

これからどんどん怪獣になっていくであろう息子と戦うために、来月から肉体改造開始します。

 

いつやるの?

来月でしょ。

 

 

 

to be continued…

 

ゆっち結婚式@恵比寿

日は5.14

時は15:00

場所は恵比寿…

 

ゆっちの結婚式があった。

 

その前にゆっちとは誰なのか…

彼は専門学校の同級生で、美容師として頑張る戦友で、小久保会の仲間でもある。

 

僕はわりと日陰タイプで専門学校時代を過ごしていたので、日向のタイプの彼とは特に絡みが濃かったわけではなかった。

 

僕は美容師免許さえ取れればいいぐらいに思っていたところがあって、学校以外はアルバイトに明け暮れる生活をしていたので(たぶんギリギリぐらいに卒業できたんだろうなぁ)、

今思えば学生生活をもっと楽しめばよかったよなぁ…と思いますが。。

 

まぁそれは余談ですが、、

 

とにかく愛されキャラとフットワークの軽さは当時から誰もが認める感じだった。

当然、僕は卒業後もこれ以上でもこれ以下でもなく、年に1回ぐらい同窓会で会う程度なんだろうなぁと思っていた…

 

が、人生とは不思議なもので。。

 

小久保会が全てを引き合わせ、2人の運命を狂わせた。

 

 

最高に楽しく、それぞれがエネルギッシュで、皆んながみんなを愛してやまない。

そんな仲間だから、お互い同士が勝手に影響を与えたり与えられたりする。

そんな会がありまして、僕も、きっとゆっちもいつも刺激もらっていて。

 

昨今、この小久保会もファミリー感が強くなってきて、自分も含めお年頃の男女達はそれぞれよろしくやってまた更に輪が広がってきたところ。

 

そんなタイミングでゆっちが結婚するってことは必然だと思う気持ち半分、感慨深い気持ち半分。

大事件…いやいや、とてもハッピーな出来事だったんです。

 

仲間の1人が3月に結婚式をやっていたのでまた涙腺がゆるくなるところでしたが、その時参列した彼が今度は祝われる側ってのもまたいい。

 

 

これはその時の日記。

 

語りだしたらきりがない、ということで…

結婚式の記念の写真と共にその時々の想いを記録しておこうと思います。

 

f:id:arateen:20170524010501j:image

 

受付を任命させるという大変名誉な職を与えて頂いたので、1時間早く到着。

感謝とお祝いの気持ちを込めて招待者様方々に接せさせて頂きました。

 

f:id:arateen:20170524010628j:image

 

似てる。こういうのは皆さんどうやって手配しているのだろうか…

 

f:id:arateen:20170524011019j:image

 

ガッチガチ。

痩せているどころかちょっとふっくらしていたのには笑えた。

 

f:id:arateen:20170524011156j:image

 

誰の式に出ても、この瞬間がたまらない。

 

f:id:arateen:20170524011234j:image

 

ホッとしてるのと、幸せいっぱいなのが伝わってくる。

前日は雨だったので晴れてよかったねなガーデンウェディング。

 

f:id:arateen:20170524085304j:image

 

みんなで参加できるのはやっぱり楽しい。

 

f:id:arateen:20170524085353j:image

 

センスよい。植物がいい。

 

f:id:arateen:20170524085606j:image

 

入場。ジーン。。

のんちゃんとてもキレイで可愛いね。

 

f:id:arateen:20170524085952j:image

 

乾杯の発声は小久保氏。

一生懸命暗記したであろうセリフを言ったった感ハンパなかったけどカッコよかった。

 

f:id:arateen:20170524090203j:image

 

専門の同級生のチバちゃん。ナイスガイなんだけど、独身。

 

f:id:arateen:20170524090317j:image

 

ケーキ入刀の前に…

 

f:id:arateen:20170524090342j:image

 

この日は新郎の誕生日で、奥様からサプライズのお祝い。ステキ。

 

f:id:arateen:20170524155512j:image

 

ケーキ入刀なんて子供にとっちゃ知ったこっちゃない!

 

f:id:arateen:20170524090627j:image

 

十人十色。

 

f:id:arateen:20170524090746j:image

 

こういう写真撮る順番待ちって絶妙に難しい。

空気を読むのが大事…

 

f:id:arateen:20170524090832j:image

 

男の子はやっぱり父親に似てくるのか。

 

f:id:arateen:20170524090917j:image

 

お色直し。2人とも可愛い。

新婦さんの髪の毛はゆっちがセットしたらしい。さすが美容師だね〜

 

f:id:arateen:20170524091018j:image

 

このアングルの写真けっこう好きで。

 

f:id:arateen:20170524091047j:image

 

新郎からサプライズでエプロンのプレゼント。

作ってる様子の映像もあって、なんか…なんて愛に溢れた2人なの。

 

f:id:arateen:20170524091230j:image

 

4年前のこの日、小久保夫妻も結婚式をしていた。

偶然同じ日だったんだけど、4年前ももちろんゆっちは誕生日だったわけで(彼は本気の熱が出て超絶に辛かったらしいがそれを感じさせなかった。笑)、

サプライズで祝ってもらっていたのでサプライズ返しといった感じで。ステキ!

 

f:id:arateen:20170524154212j:image

 

笑いと幸せに満ち溢れた和やかな式でした。

 

やっぱり持つべきものは友、、と実感。

呼んでくれてありがとう。

 

2人のスペシャルな日を共に過ごす仲間に入れてくれて嬉しい限りです。

参加する僕の方もまた、特別な気持ちで1日を過ごせました。

 

仕事も休んだけど、それでよかったし。

やっぱり嫁のためにも自分のためにも結婚式したいなぁと強く思えたし。

自分の中でも何か1つ前進したような、そんな1日になりました。

 

ゆっち、のんちゃん、おめでとう!

お互いへの愛に溢れた2人ならきっと幸せな家庭を作れるんだろうなぁ…

 

挨拶は短く、2人は末長く。だそうです。

 

 

 

to be continued…

初節句のお祝い。の巻

お待たせ致しました!

前回のBlogから一週間以内に書きたい気持ちでいたのですが、今やっと書いてます。

 

 

前回、仕事のことで働き方のことを偉そうにアツく語ってたらボリュームが出てしまったので、

延期していた初節句のお祝いをした件を改めてご報告させて頂こうと思います!

 

改めまして、初節句を迎えられました!

 

無事に初節句を。

ここまで大きな病気や怪我をせずにこれたのは助けてくれる両親やアドバイスをくれる友人達のおかげです。

 

職場のスタッフや保育園の先生や近所の江津さんやお隣のフォンティンさん達の支えにも感謝です。

 

直接関わることがあるとかないとかよりも、見守ってくれる大人が近くにたくさんいる事が嬉しく有難いです。

 

改めて環境にありがとう!です。

 

そんなもんでウチの息子も8ヶ月と10日ほどで5月5日を迎えることになり、

産まれて初めてのこどもの日という事で今年は初節句のお祝いにあたる年でした。

 

僕も当日は仕事があるので、そんな大それたことは計画できないけど両親を呼んでお祝いすることにしました。

 

ウチの母も呼ぼうと思ったんだけど、GWは弟が帰省するとかしないとかで来られなそうだったので仕方ない…

義理の父と母を招待しました。

 

こういう時実家との距離感を考えちゃいます。

嫁さんの実家は横浜なので来やすいけどうちは岩手なので中々…

 

来られるイベントの比重とかはどう見ても歴然でそれは仕方ないので、

孫の恩恵と言いますか、そういうものは会える会えないじゃない部分でもバランスとっていきたいと思ってます。

 

会いたいに決まってるもんね。

でも幸いこういう時代ですから、写真や動画、テレビ電話とか色々ありますからね。

 

ま、そんなこんなで今回は義両親と僕らと合わせて5人でのお祝い。

 

僕が半休ってことで早晩御飯的なイメージで夕方の時間に来てもらいました。

 

f:id:arateen:20170512235455j:image

 

思ったより早く来た!笑

とりあえずじぃじに捕まる息子。1ヶ月ぶりなのにデレデレなご様子。

 

 f:id:arateen:20170512235659j:image

 

じぃじとの色の差。笑

 

f:id:arateen:20170512235800j:image

 

この隙に女性陣がご飯の支度してくれてます。

ゲストのはずのお義母さんを働かせてしまいましたが大目に見ていただきましょう。

僕はひたすら写真撮影です。

 

f:id:arateen:20170512235945j:image

 

孫との団欒の時間。

この時間ほんとホッコリ。

壁に付けた星をひらすら取って、褒めちぎるゲーム。

 

f:id:arateen:20170513000119j:image

 

たくさん取れたらしい。

天才だね。

 

f:id:arateen:20170513000212j:image

 

嫁さまは渾身の離乳食を創作中。

 

f:id:arateen:20170513000328j:image

 

カブトかぶった男の子〜

上手!魔法使いには、見えない見えない!

 

f:id:arateen:20170513000544j:image

 

お、食べてる。

なんかいつもと違うのが分かるのか、食がすすんでる感じでした。

 

f:id:arateen:20170513000649j:image

 

パクッ。

たくさん食べてスクスク大きくなれよ!

せめてパパの身長より大きくなろうな。

 

f:id:arateen:20170513000736j:image

 

そんなことを想いながら、大人達は手巻き寿司。

もちろんビール。お祝いですもん、当たり前じゃないですか。

 

f:id:arateen:20170513000929j:image

 

自分のお家にみんながいる事が不思議な様子で興奮気味の息子。

みんなに囲まれて幸せだね!

 

f:id:arateen:20170513001025j:image

 

でも飽きてきたっぽい。

では、息子とじぃじがグズる前に…

 

f:id:arateen:20170513001204j:image

 

じゃん!

鯉のぼりケーキ!

ロールケーキにデコレーションしてあります。もちろん息子は食べられないので大人達が美味しく頂くんですけどね…

 

こちらのケーキは元住吉にあるDIVINさんで。

ディヴァンさんはとっても評判が良いんですよ〜

気になる方はお手持ちのスマホでお調べになって下さいね。

  

遅くなっちゃったので写真だけ撮って後日頂きました。

もちろん美味。

息子の恩恵賜りました、ありがとう!

お義父さんもお義母さんも遠い所ありがとうございました。

 

f:id:arateen:20170512235154j:image

 

こちらの立派な兜は義両親に買ってもらいました。

神々しく、猛々しい。一言で言えば男らしい兜ですね!

将来はこの兜の主に恥じぬ武将のように勇猛果敢に育って欲しいものです。

 

そんなみんなからの想いと、息子の楽しそうな笑顔が詰まった初節句となりました。

 

最初は、特に何も特別なことしなくていいんじゃないの〜?

とか思ってましたが…

いやいや全くそんなことない!

 

やるべきですよ!

ウチはやるんだったら鯉のぼりケーキ欲しいしお寿司みたいなの食べたいし両親も呼ぼうよってことでこんな感じになりましたが、

別に手が込んでなくたっていいじゃない。

 

気持ちが大事です。

息子はまだ意味が分かるわけもないですが、とても楽しそうに過ごしてました。

 

それに義両親が本当に嬉しそうだったのが1番かな。

 

ちょっとでも親孝行できたのかな?って気持ちになれたし、

不謹慎だけど自分達より先々が長いわけではない親達に子どもの成長っていう楽しみを存分に味わって欲しいなと思えました。

 

長くなりましたが、佐藤家の初節句はこんな感じでございました。

 

来年はもっと色んなもの食べて、岩手からも親呼んで、盛大にやるぞ〜!

 

 

 

to be continued…

予定は、未定…

5月5日こどもの日

 

先日ありましたね。

友人達の家族の、思い思いのこどもの日をFacebookInstagramで拝見して、来年への楽しみが増えた気がします。

 

今年はお店で買ったケーキも、来年は手作りしてみたい。

色んな食べ物を食べれるようになっているであろう息子が楽しめるように、鯉のぼりのお寿司とか作ってあげたりしたいなぁ。

 

みんな頑張って色々作ってその日をプロデュースしていて、ウチもそんな楽しい家庭にしていきたい、していこう!と思いました。

 

今年は、いや、今年に限ったことではなくこれから毎年になるけれど、

こどもの日はGW中なので僕はもちろん仕事です。

 

決して休めなかった日に休む。

 

時代も変わり、

働くマインドとして親の死に目にも会えない覚悟で働く美容師さんの姿も若干ナンセンスな流れになってきていて、

仕事以外の生活や遊びや家庭やそんなこんなも大切にしていこうぜ。それを自分の厚みにして仕事に活かそうぜ的な雰囲気が業界にある気がする。

 

もちろん、その「精神」は大事だと思う。

 

大事にした上で、お客様も家庭も友人もいろーんなもの大切にしていこうよ。

ってことはみんな欲張りになったんだな。

 

自己犠牲感が強い職業だけに難しいバランスなんだけど…

誰かの意見に流されずに

 

「自分は何を、どういう風に大切にしたいんだい?」

 

の問いかけが重要な気がする。

自問自答ってやつね。

それを行動にするかしないかってやつね。

 

何にも偏り過ぎることなく、全てを網羅しながら働けたらステキだけど、それは永遠のテーマだよね。

頑張ろう自分!頑張ろうみんな!

 

10年ひと昔って言うけど、僕が美容師として働き始めた10年前とはまた色々違う。

それがどうのこうのというより、変化は良いことだし、

 その時はそれが良いと、良しとされていたわけなんだから過去が悪いとかじゃない。

それがあるから今がある。これからはもっと可能性広がって違う世界が広がっていくんだ。

 

その礎を僕らが作っていく番が来たんだ!

 

僕はその昔からの美容師マインド大好きだけど、家族も友人も大切にさせて頂こうと思います。

 

という事で、5月5日は半休を頂いて、息子の初節句をお祝いしました。

 

そう…

ここから初節句のお祝いの様子をレポートしたかったんだけど…

語りをダラダラと書いてしまったおかげで長ーくなってしまったので…

 

ほな、また。

 

という事ですんません。 

予定は、未定…

 

f:id:arateen:20170511213302j:image

 

僕は今のところ、自分的には良いバランスで仕事とお客様をめっちゃ大事にしながら家庭も超大切しつつ友達も一生の宝物として生きていられている気がします。

 

でもこのバランスって絶妙だなーとつくづく思う。

まるでジェンガ

 

どこまでも積み重ねられるジェンガに、僕はなりたい。

 

 

 

to be continued…

 

 

 

野球も髪の毛も気持ちも湿りがちな季節がくるぞー。

湿っているのは気温が上がって、そして湿度が上がってきているからだけじゃない…!

 

まずは野球。

 

ここ近年のベイスターズの4、5月の成績は散々なモノで、必ず借金生活をしてしまう。

 

昨年は久しぶりのAクラス、初めてのCS出場と華々しい終わりとなったけど5月までは借金9とファンサイドからは

 

「嗚呼…今年も、なのかい…?」

 

と不安の吐息を漏らさずにはいられない気持ちだった。

 

要はスタートダッシュが苦手なのだ。

毎年開幕ダッシュをキメて首位を独走するチームはある。

今年は広島とか楽天がそうじゃないかな。

歯車が噛み合いまくっている。

投打が絶妙〜なバランスで成り立っている。

こりゃ強いに決まってる。

 

しかしシーズンは長い。

これを優勝がほぼ決まる9月まで同じ調子で維持できるかといったら神業以外他ならない気がする。(たまにそのまま優勝しちゃうチームもあるけどね)

 

独走トランス状態に入っているチームも投打の微妙〜なズレで連勝できなくなってくる時が必ず来る。

今、自分のチームがそうだとしたら逆に絶妙〜に絡み合う時が必ず来る。

 

その時たっぷり勝てばいい。

慌てて今まで積み重ねてきた事を簡単に変えちゃう必要はないよ。

 

ブレずにいこうぜ。

先はまだまだ長い。

微妙〜なのと絶妙〜なのって隣り合わせで常に紙一重な気がするんだよね。

 

近ごろやっと復調の兆しがみえるベイスターズの戦績にウンウンと頷きつつツラツラと思い綴るある日の夜。

 

髪の毛も湿りがち。

 

湿気が多くなる。湿度が増す。

暑い日が続く。髪の毛が水分を含んでウネる。

 

クセ毛と軟毛ってか猫っ毛みないな人も該当する、いわゆる「悩み多き季節」がやってきます。

 

梅雨対策。

あなたはどうしますか…?

 

最近ストレートパーマするお客さんが続々といらっしゃるようになっているので気になりました。

 

ストレートパーマ=縮毛矯正は、必要ならするし、必要ないのにするってことはしません。

たまになぜこの人はストレートあててるんだろうか?

と思う方に出会いますがたいていの人は

 

「ツヤが出るって言われたので」

とか

「手触りがよくなるって言うので」

とか

「痛まないって言うから…」

 

だいたいこの3つ。

美容師さん、それ、本当に言ってるのですか…

悪口は嫌いなのでこれ以上はアレですが、

そもそもストレートパーマの事を語りたいわけじゃないんだった…。

 

当たり前ですが人の数だけ考え方もある。

僕の考えや信念なんて何万人もいる美容師のなかのイチビヨウシの考えなんで、数ある例のホンの一部の一部の一部なんですが…

 

正しい知識と本当に必要な施術をしてあげたいと思うし、してあげて下さい。

お客さんはあなたのこと信じてリピートしてくれてるワケですから…一生懸命になってあげるのが僕らの仕事ですよね。

 

えー、本題から逸れたんだけど、、

僕も髪の毛はクセ毛です。

暑い日、雨の日、汗かいた日etc...は容赦なく地毛の湿度センサーが作動します。

 

短髪なのでそこまでクルックルになるわけではないので、あとはカットとセットでなんとかなっています。

一応シャンプーにもこだわってますけど、

曲がりなりにも美容師なのでそこは…って感じで。

 

カットはもちろん、使うシャンプーやセット剤などのアイテム、パーマなどの+α、色々策はありますよね。

さて、どうしましょ。

 

別に僕自身がクセ毛なだけで、「自分はクセ毛が得意な美容師です!悩みは100%解決!お任せください!」とは全く思いません。

 

できることと言えば「お気持ちお察しします」と親身にはなって差し上げれる事ぐらいですかね。

それでもご相談には一生懸命向き合わせて頂きます。

 

ま、梅雨はまだ少し先ですけどね…

しかし嫌ですね、梅雨。

 

f:id:arateen:20170506213141j:image

 

写真じゃ上手く伝わらないかもしれませんが、息子もどうやらクセ毛な感じ。

いや、でもこの毛量じゃ分からんな…今は影響ないかもだけどこの子もクセ毛で苦労しそうだなー。

 

両親共々クセ毛だから仕方ない!(嫁もけっこうクセ毛)

せっかくクセ毛のサラブレッドとして生まれてきたのだ。

思春期にクセ毛のせいで親を恨む人生ではなく、思いっきりモテてまくって楽しんで人生を過ごしてもらえるようにカッコよく髪の毛切れるように頑張りたいと思います。

 

色々湿ってきそうな5月。

自分のさじ加減でどうにかなりそうな事はちゃんと向き合って、少しでも湿らないような日々を過ごせるようにしていきたいッスね。

 

5月病になんてなってたら勿体ねーぞー!

こんな感じで5月もスタート。

 

 

 

to be continued…