読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事と育児と、ときどき野球。

2016.8.25に息子が誕生。2015.12.11に入籍した妻と子育てに奮闘する日々。美容師として仕事をする傍ら、大好きな野球にも熱を上げたいサトウアラタ30歳の夫、父親、仕事人としての日常をご覧くださいませ。

WBC、選抜甲子園が終わり、ついにプロ野球シーズン開幕!

球春到来ー!!

 

沈黙し続けていた野球ネタも遂に解禁。

キタ…やっと来たのだ。

野球だ…やっぱりベースボールだ!

 

年中様々なスポーツは追っている。

それはスポーツが好きだからに他ならない。

フィギュアだってテニスだって観るし、野球が好きだからサッカーが嫌いなわけじゃない。

 

でも、やっぱり野球なんです。

なぜ野球が好きなのか…

それは僕が中学時代まで遡るが、話が長くなるのでそれはとりあえずおいときます。

 

ベイスターズは今のところ開幕ダッシュとはいかずヤクルトに負け越してしまいましたが、

巨人との3連戦はどうなるか…ここで巻き返せば開幕ダッシュと言っていいのではないでしょうか。

 

昨年の順位がどーのこーのとか、CSがどーだったからとか、そんなの関係ねぇ!

今年は今年。目標に向かって勝つだけです。

 

WBC

 

今回のWBCは前評判があまり高くなかったなぁ。

 

シーズン開幕前の3月にやるというのともあって小久保監督が思い描く選手がなかなか集まらなかったというのもある。と思うし、

 

加えて昨年11月の侍ジャパン強化試合のあられもない内容に「勝てないのではないか」とメディアもファンも思っていただろう、というのもある。気がする。

 

僕もどこかで今回は1次リーグ突破さえできるか懸念していたのは正直なところでした。

観ないとさえ言っていた。

バッチリ全試合観たけど。

 

しかし結果を見れば2次リーグ終了まで無敗。

準決勝では惜しくも敗れたけど、前評判を覆そうと指揮を振るう監督・コーチ、起用に応える選手。

侍ジャパン全員の意地と気持ちが伝わった大会だったと思う。

 

個人的にはこの大会でマッチことソフトバンクの松田がちょっと好きになったし、

シーズンは絶対に応援しない坂本とか菅野とか小林に声援を送れたのは楽しかった。

 

アメリカが優勝っていうのもいい形で終わった大会だった。メイン開催国なのに優勝できてなかったからね…

 

ってことを踏まえると予想に反して国民は楽しんだし、存分に感動を得たのでは?

いやしかし、何があるかわからないもんだなー。

 

選抜甲子園

 

決勝が大阪桐蔭履正社の「大阪対決」という夏の大会では絶対にみられない、ファンからしみたらたまらない大会だったと思う!

 

個人的には盛岡大附属が2勝したことと、20世紀枠で不来方高校(こずかた)が出て地元から2校出たので嬉しかった。

 

でも大会稀に見ぬ引き分け再試合(15回を戦って白黒つかない時に翌日に再試合する)が同じ日に2試合もあったり、

 

清宮くんのいる早稲田実業が早々に負けたり、

 

春は高投低打で投手有利と言われているのを覆す本塁打数と打率だったみたいだし…

 

いやーホントにフタを開けてみないと何が起こるか分からない。

これだから野球は面白い…!

 

そして遂にシーズンが始まった…!

WBCも、高校野球も全てに繋がるプロ野球が…

 

あーだこーだ予想が楽しいのが野球だし、

予想をはるかに超えてビックリするのも野球だし、

下回ってガッカリするのも野球。

 

高校野球で注目した選手がプロに入って、

レギュラーとって、

ケガして、

侍ジャパンに選ばれて活躍して、

結婚して、

ベテランになって引退して、

そんでまた新しい選手が入ってきて…

 

こんな一生楽しめるスポーツあるんかな?と思う。

いや、あるんだろうな。知らないだけで。

 

世の中知らないことが多すぎる。

でも別に知らなくてもいいと思うし、詳しくないってことは他の詳しい人から聞くきっかけにもなるから別に悪いこととも思わない。

 

でも野球が好きで、知りたいって欲が…いや、欲ってより本能かも。

本能的に好奇心が求めてるって感覚かも。

 

そういう物は極めたらいいよね。

とことん突き進んで好きなものを好きなんです!って言えるってカッコいいと思う。

 

そんで詳しくないけど教えて〜って人が絶対いるから、自信持って教えてあげたらいいよね。

 

プレーはもうほとんどしないけど、僕は野球が好きです。

そんな夢中になれるものがあって自分は幸せだなって思います。

 

f:id:arateen:20170405224126j:image

 

なーんて野球自体を愛してます的に言っても、

 

今年は横浜スタジアム歓喜のブルーでそれたいワケです!

 

今年は9月に息子も初参戦して観れたらいいなーという夢もあり…

家族3人でユニフォームきてスタジアム行けたらいいなーと。

 

小さいけど自分にとっては大きな幸せを夢描いて、今日もベイスターズの勝利を願いたいとおもいます。

 

ちなみに推しメンは山崎康晃#19くんと乙坂智#33くんです。

 

頑張れ〜!

 

 

 

to be continued…

結婚式に呼ばれ続けることうん10回。行きたくても行けるわけじゃない、呼ばれるってことの素晴らしさを考える。そして美容師が結婚式に参列するということは…

まずはタイトルが長い。

 

ワタシ過去うん10回という友人・親戚の結婚式に参列してきました。

もはやエキスパート。エキスパートになったからってどうなるわけじゃないけど、色々な式を見させてもらってきました。

経験値はたっぷり蓄積され、お金はすっかり無くなる。

幸せだ…さすが結婚式。プライスレス。

 

しかしラッシュの時はさすがに、いわゆる「オレ、ご祝儀ビンボーだなぁ…」って思ってた。

いやいや、お祝いごとでしょう…

そんな滅相なこと言うもんじゃないよ…

と今は思えるけど、でも昔は若干思っていた。若干ね。本当かな…

 

それはさておき、そんな若い時にポンポン出せる金額じゃあない(あ、今もか)。

ピーク時は月に2回あった時もあった。

断腸の思いで、硬く絞った雑巾をさらに絞るようにご祝儀代を絞り出した時だってあった。

 

まぁそれだけ特別な思いで参加させてもらっていた。参加者心理としてはいい状態だったのかもしれない。

本人達にとってはもちろん特別中の特別なことだけど、参列する我々にとっても色んな意味で特別だった。

 

そんな特別な思いで用意したご祝儀を握りしめ…まぁ実際はスーツの内ポケットなんだけど、今のところ幸い忘れていく事なく、そして用意できないという事なく持っていけている。

高校受験の時に受験票忘れてった人にしてみたら優秀なことなんです。

 

10年来の仲間の結婚式に参列してきまして

 

今月久しぶりに挙式から披露宴まで呼ばれる機会がありまして、仕事をお休みして行って参りました。

 

f:id:arateen:20170327210845j:image

 

社会人になってからの、友人が友人を呼び合うようにして集った「小久保会」なる会の仲間の結婚式。

 

報告を受けた時は呼ばれて当然という思いと、呼んでくれてありがとうな思い50:50、いや、100:100ぐらいの気持ちの高ぶりだった。

気持ち悪いね、、いや悪くない!

友情でしょう!!

それだけ嬉しかったし、ダンナさんのたっちゃんもめちゃめちゃ爽やかで中身も外見もカッコよかった。安心した。

 

そんな彼女の結婚式に、もちろん小久保会の仲間と行ったんです。

2人が長い時間かけて用意した音楽聞いて、こだわりの食事お腹いっぱい食べて、さすが酒好きなラインナップの酒飲んで、スイーツバイキングに女子より先に並んで、ブルゾンちえみの余興に爆笑して、噛々の新郎の挨拶聞いて、

 

僕らは最大級のおめでとうの気持ちと、嫁さんから頂いたご祝儀を嫁さんが買ってきてくれた袋に入れて嫁さんが干しておいてくれたスーツの内ポケットに入れて、指笛鳴らせないから心の中で鳴らして、楽しませてもらう事で気持ちに応えた。

 

なんかただの素敵な話なんだけど、ホントにその通りそのまんまなんですよね。

そういう気持ちにさせてくれるんだよね結婚式って。

 

中学や高校の同級生の結婚式に呼ばれるのはたいてい地元の岩手なので、それはまたそれで特別な感情があるんだけど、

こっちの友達に呼んでもらっていく結婚式はほとんどがこっちに出てきてからの仲間なんだよね。

 

今30歳(もうすぐ31…あぁぁ)だから、長くても10〜12年の付き合い。

5〜6年の友達だっている。

もっと短いヤツらだっている。

 

そんな今思うのは、干支が何周しようが一回りもしてなかろうが「友達」とか「仲間」に期間は関係ないなって事。

期間っていうのは友達になってから今までの期間ね。関西の方ではツレっていうらしい。

 

幼稚園から一緒のヤマちゃんも、ここ数年の友達の石間ちゃんも、期間は違うけど大切な存在に変わりはないし漠然と相思相愛って思える。

 

あ、完全に片思いだったらゴメン。

 

そうじゃないと信じてるよ。

 

まぁ何が言いたいかというと、長い付き合いの地元の仲間にはそれなりの想いが詰まってるし、

付き合い自体短くても濃い付き合いのこっちの仲間にも格別の想いが詰まってる。

 

今回もしっかり感動させてもらったし、幸せに溢れたいい結婚式だった!

あゆたすおめでとう!

 

出るのは息子が産まれてからは初めて。美容師としては土日の仕事を休むってこと

 

ぼくは美容師なので土日祝は基本仕事。

 

昔は冠婚葬祭はもちろん、親の死に目にも会えない覚悟で働くものだと教わった。

 

けれど時代の流れと理解あるオーナーの理念のおかげでことあるごとに土日にもかかわらずお休みもらってました。

 

ことあるごとと言えば、今回のように友人や知人の結婚式、夏休み、法事、弟が甲子園でた時も長く休んだかなぁ。

まぁそんな感じの諸用。

 

家族も増えてからは、顔合わせとお宮参りにお休みしました。

 

 

これから息子が大きくなっていけば、運動会とかの園や学校の行事、イベント、付き合いetc...なんだかんだ土日にある用事が増えていく。

 

休める時は休みをとってどんどん参加したいと思っています。

美容師だからって全て諦めるのは違うと思う。

 

しかし休めない時はもちろんあるし、基本は自分の時間と技術を捧げ誠心誠意尽くすことでお金を頂いている職業なので、それを忘れてはいけないと思っています。

 

でも可能な限り家族には尽くしていきたい…これは昔から思っていたことです。

いざ遂行する環境になると難しさも感じているのですが…

 

仕事上自分の代わりが誰かに務まる仕事ではないということと、

家庭でも自分の他に夫も父親もいないということと、

板バサミな思いと言えばそれでおしまいなんだけど、どこかにあるいいバランスを探し続けたいと思っています。

 

呼ばれるのってすごいことだ

 

そんな思いの土日の貴重なお休みをもらって行くのはコッチの都合。

最近は呼ばれること自体すごいことな気がするんだよね。

 

そもそも人数に限りがある。

親族呼んで、職場の人呼んで、そこが多ければ友人なんて20人以下。下手したらひとテーブル分しかキャパないかも。8人。

 

その中に、その中にですよ。

自分を選んでもらえるなんて素晴らしく有難いことで、呼んでもらえたら僕は絶対参加します。

名誉すぎる。

 

どーしても仕事や他の大事な予定との兼ね合いが合わず、もしくは結婚式同士がかぶり、参加出来ない友人もいましたが(その節はゴメンね!)、

 

自分の中でこいつとこいつとこいつ…は絶対に出るぞと心の中で決めてる人からはちゃんと呼んでもらってるのも相思相愛を感じてやみません。

 

あ、もし気を悪くした人いたらゴメンなさい。

呼ばれる=友人が多いとかそんなんじゃないだろうし行った回数少ないからどーのこーのとかそんなんじゃないと思います。

 

んでもなぜこんな僕をみんなが呼んでくれたかがすごく不思議です。

いやでもみんな、自分を参加者リストに選んでくれてありがとう。

僕も結婚式をする時はみんなを呼びたいです。

絞り出したご祝儀と、調整してくたお休みよろしくお願いします。

 

まだ全然見通し立ってはいませんが…果たして出来るのかも謎…でも目指したいと思う。

 

今回参加して…

誰かに喜んでもらえてそれが自分も嬉しくなるような式をやりたい、それが親孝行になるならしたい、嫁の為にもやりたい、てかウエディングドレス姿みたい、オンリーワンの式にしたい、主役だけど飲み食いしたい、etc...

 

色々思いました。出てよかった。

もしその時はどうかひとつよろしく。

 

なんだか長くなってしまったのでここら辺で。

要するにHappyな気持ちになったってこと!

 

あゆたす、たっちゃん、心からおめでとう!

結婚生活円満の秘訣は、「あけたらしめる」だそうです。

 

 

to be continued…

離乳食が始まったぞ…!の巻

まずは週2回のランニングを誓ってはや2週間が経った現在の状況…走っていません。

休日がことごとく雨なことと、仕事終わりどう考えても走りには行けない。

いや、言い訳はよそう。

 

だんだん今更走ったところで何か変わるのかと思ってきたところです。

何か変わるの?誰か教えてください…

 

今のところスクワットと腹筋はやっています。

レースまで約12日…

いったいどうなるんだ…

 

さて!息子がついに離乳食始めました。

 

本題はコチラ。

実は2月28日より始めてました離乳食!
彼の「食」の人生の始まりです。

 

まずは10倍粥…
次にニンジン…
で、ほうれん草…
そして今、豆腐に突入。

 

ベーって出しちゃう子もいるとか、苦い顔して食べない子も多いって聞いてたのでどうなるのかなと思ってましたが、どの食材もわりと進んで食べてる感じです。

 

息子、強いね。いいねいいね。

 

f:id:arateen:20170323142027j:image

 

あーん

 

f:id:arateen:20170323142137j:image

 

あむっ

 

f:id:arateen:20170323142153j:image

 

こ、これは…

 

f:id:arateen:20170323142221j:image

 

お、意外と美味しかったね!

 

f:id:arateen:20170323142323j:image

 

この時は初めての時だったのであんまりよく分かってないようでしたが、

 

約ひと月たった最近は「食べてる」ってことを分かってる感じがします。

 

毎日僕ら親が食事をしているのをジーッと見たりしてる。

 

食べることは才能だ 

 

高校時代に部活を一生懸命だった時に教わったことですが、当時は何言ってんだろうな的な感じでした。

 

だけど、食事は身体を強くする。

病気に負けない体になるし、筋肉がつくのをサポートしてくれるし、疲労も回復してくれる。

 

大人になるにつれて食事の大事さに気づいてきて、今は栄養だなんだと多少は気遣うようになった。

 

男の子だからたくさん食べろとか、スポーツやってんだからいっぱい食べろとかじゃなく、

 

ウチは健康で強い身体を作るためにたくさん食べる子になって欲しいなと思っていて、そういう理由付けをしていきたいなと思います。

 

下手の横好きってレベルだけど、僕も料理が好きだし、大人と同じような物を食べれるようになった時に一緒に美味いモノ食べられたら楽しいよねきっと。

なんて夢もあります。

 

ママに内緒で食べ歩きしてきて夜ご飯食べれなくて怒られたとか、ダメなのかもしれないけど楽しいよねきっと。

そんな夢もあります。

 

そのためには好き嫌いなく食べることが好きな子どもになってもらおうと思います。

 

f:id:arateen:20170323152620j:image

 

今日も食べたことでしょう。

僕は週に1度しかあげられないけど…

 

たくさん食べて大きくなれよ!

 

 

 

to be continued…

 

 

 

 

走る。今年はやると決めたんだ。の巻

現在3月10日…

4月2日の10kmマラソンを控え、1ヶ月を切って焦りはじめていた。

 

何を隠そう全くトレーニングしていない。

走ってもいないし筋トレしてもいない。

これはさすがにそろそろヤバイんじゃないか?

 

誰もが思ってる。そう、僕が一番思ってる…

そしてもう1つ思ってること…

「そもそも10kmってマラソンと呼べるのか?」

ってこと。

コレが一番のナゾ…

 

ちなみに僕は元陸上部である。

専攻は短距離。

ここで言う短距離とは、100m、200m、400mを指すが、400mって中距離じゃないんだ?とよく言われる。

中距離は800m、1500m。こうなると、1500mって長距離じゃないんだ?ってなるよね。

 

そうなると、へー!10kmってマラソンじゃないんだぁ!って事実があってもおかしくはない気がする。

 

いや、そんなことはない。10kmは十分マラソンだよ…

でも実際どうなんだろ。

ググればいいじゃないって?

そうだね…でも、なんでもかんでもGoogle先生に頼るのもどうなのかなって思ってる。

話が逸れた。

 

とりあえずそういう危機感(やってなさすぎ感とも言う)を覚え始めたのでここいらでちょいと走って現在の自分の実力を知ろうじゃないか!となったわけ。

 

走るタイミングはざっと考えただけで何パターンかあったけど、自分に一番合うタイミングを見つけた。

消去法だけど。

 

まず、家帰ってから夜走る。

これは時間が遅くなっちゃうし、赤ちゃんがいる家庭では難しい…ヒンシュクも買いかねない。

 

次に朝走る。

早起きなんて出来ない。無理。却下。

 

最後に仕事終わりに店から家まで走る。

なんだかんだこれが合理的かつ効率的なんだけど…でもやってみなきゃ分からない!ってことでコレにチャレンジしてみることにした。

 

3月10日(金)

世の中は華金に賑わっている中、店でジャージに着替える。

セットアップとかじゃなく、家にあり合わせの走れそうな服たちでランニングウエアらしく着てみたため、明らかに不審者…

 

店の近くにはお客さんも大勢住んでいらっしゃるから、見つからないようにマスクで変装をする。不審者度が上がる。

 

これは早めに人里離れないと。

勢いよくスタートし、あっという間に環八に出る。

ペースなんて分かるわけない。俺は常に全力な男だ。

 

そんなこと言っても、1kmはいってないかな、500mほどいったところでこんな気持ちが湧き上がる…

「走りきれんのかな…」

 

でも進むしかないよね。

スタッフや嫁にタンカ切ってやってるんだからやり切らないとカッコ悪いよね。

男に二言はないよね。

 

ってことで進む…

途中、膝の痛みや尋常じゃない息の上がりに四苦八苦しながら1時間後には家に。

 

じゃ、、まず結論から。

自分の体力の衰えをただただ感じた

これに尽きる。

 

半年前までジムに通っていたし、何より学生時代は野球と陸上をやっていたかりそめの自信はもろくも崩れ去り、

現実が突きつけられる。

 

そりゃそうだよね、何年前のこと言ってるんだ…過去の栄光の自慢話をタラタラする大人にはなりたくないと思ってたけど、そのまんま自分やん…

何より半年間子育てと言ういい言い訳を盾に何もせずいたツケは予想より遥かに大きなものだった。

 

期日は迫っている…

やるしかねぇ!やるしかないんだ!

奮い立て!悪いこと言わねぇ、今一生懸命やっとけ!

 

ここからは週に2日は走る日。

残りは筋トレの日として自分追い込む日々を送ります。

 

f:id:arateen:20170313091458j:image

 

俺はやるぞぉぉぉ!

口だけの男は今日ここに置いていく!

 

決意だけは立派にしておきます。

そんなアツイ気持ちが高まった日でした。

 

 

 

to be continued…

すっかり3月。の巻

早くも3月。

ここ最近のこと…

 

仕事では、スタッフが急にインフルエンザになったりして、ピンチはチャンスとばかりに気合入れて働いた。

(これは仕方ない。持ちつ持たれつである)

 

プライベートは、家出した嫁が帰って来て色々慎重に生活していたけど、雨降って地固まると言いますか…なんだか絆は深まった模様。

(お騒がせ致しました)

 

息子はと言うと、相変わらず可愛い。

こんな可愛い生き物がこの世の中にいるんだという実感を、人生30年歩んできて初体験させてもらっている。

(親バカ?なんとでも言うがいいさ)

 

野球はと言うと、WBCが開幕しますね。

台湾チームやプロチームとの練習試合を観ると不安しか残らないけど、きっと色々試してるんだ。試すリスクは本番ではできないからね。

(と、信じています…)

 

今日は友人がウチに来てすき焼きしながら観戦予定。

野球の季節が来たぞ〜!って嬉しい気持ちでいっぱいだけど、すぐまた日本シリーズの季節になる。

1年なんてあっという間…

 

なんとなく3月になってないかい?

なっちゃってるね。バタバタした日々過ごしているつもりだけど、思ってること出来てはいません。

 

とりあえず4月2日に多摩川のマラソン大会に出ます。

1ヶ月切ったので、急ピッチに仕上げます。

小刻みな目標を持ってやりたいよね。

 

4月の新年度からは変化が多い今年になりそう。

マラソン出るし、新卒の子入ってくるし、子どもが保育園通うし。

 

色々ツッコミどころは満載だなと書いてて思います。

僕はこれをスマホのアプリで書いているんだけど、きっとはたから見たらスマホ依存症に見えるんだろうな。

 

近頃のニュースを見ると世の中揺れ始めているけど、憂いながらも自分の頭の上のハエを追います。

 

なんだろうこのボンヤリした記事は…

間が空いてしまったので、とりあえずザックリまとめてみた感満載ですが、

今んとこ元気です。

 

f:id:arateen:20170309101042j:image

 

Instagramの写真サイズを加工する術も覚えた。

で、っていう…

 

終始脈絡がなかったですが、往年の弱点である積み重ねるということとブレないということをしていきたい3月7日。

 

頑張れニッポン!

 

 

 

to be continued…

1/2バースデー。もう産まれて6ヶ月経ったのか…の巻

2月25日で息子が産まれて6ヶ月。

近頃はハーフバースデーというらしく、1/2の王冠被らしたりガーランドつけたりしてお祝いするらしい。

インスタとかFacebookでもたびたび見かけます。

みんなセンス良くやってるんだね〜

 

オシャレに飾ってリア充ぶりたいけど、やっぱダメ。

センス?いやいや、

そもそも

「やる?どうする?…俺(わたし)何も考えてねえぞー…」

な雰囲気だったので、スタートラインがダメ!

 

でもヨメさまは色々飾ったりしてくれてた…

こういうイベントは網羅していくと決めたのに、

家族で盛り上がって楽しむぞと思っていたのに、

ダメだダメだオレ…!

逆に、ありがとうございます、嫁…。

 

f:id:arateen:20170227211339j:image

 

イイネ!

こういうことをくだらないケンカとかでスルーしないようにしていこう。うん。

 

f:id:arateen:20170227211524j:image

 

嫌がる息子を押さえつけ、カエルで紛らわしている図。

実際はバタバタ動いております。

 

こんなにあっという間に感じた半年…

こりゃ次の半年も相当あっという間感ありそうな予感。

するともう1才やで…

マジか…。

 

赤ちゃんの成長ってもちろん早くて、伸び率はハンパない。

赤ちゃんっていうより、だんだん子どもって感覚が強くなってもきている気もする。

 

彼は1才になる頃、生まれた時には想像も出来ないくらいの成長を遂げている…

じゃあ、オレたちは…?

 

人間として、親として、たっぷり成長していられるように頑張ろう。

とりあえず明後日から離乳食始めます。

 

が、頑張るぞ…!

 

 

 

to be continued…

克己心。の巻

完全にふさぎ込んでました。

暗黒の1週間…

今だから言える

実録・旦那としてのタブーと、暗闇からの復活劇

をご覧になりますか…?

でも一応今の気持ち忘れないための日記です。

 

まず、嫁と激しい喧嘩をしたこと。

 

そもそもはコレ。

けっこう激しかった。

今思えばきっかけは些細な事だったけど、その時は頭に来たんすよね。

向こうもなかなかイライラしていたっぽくて、すぐにお互い導線に火が…

お互い不満をぶちまけ合い、僕の

「実家帰れよ!2度と帰ってくんな!」

というタブーな関白宣言で始まったとある日の朝。

帰ると当然いるはずもなく、アレコレ書き殴ったメモだけが残る…

という何と昭和な喧嘩な末路か。

 

やりとりも程々に、しかしラチがあかない。

こういう時って本当に難しい。

連絡してないといけない気がするけど、電話してもメールしても揚げ足の取り合いと卑屈のオンパレード。

解決したんだかしてないんだか、日数が経てば落ち着いてきて連絡とろうもんなら傷つけ合い。

「あーあ、もうダメなんだろうなぁ…」

と何度か思った。

基本、表面はポジティブ、中身はネガティヴな人間です。

 

朝起きると静かな家に気持ちが沈み、

仕事中に上がり、

でも色々考えてまた沈み、

でも上がってみたり、

帰ると居るはずの人がいない家に落ち込み…

…return…

の繰り返しだった。

「いやー、実は嫁が家出てってまして!」

なんてかっこ悪くて言えるわけなくて、わりと悶々とした日々。

 

でも色々頭の中で巡らしたり、

社長と話したり、

マンガ読んだり、

好きなラーメン食べに行ったり、

一心不乱に料理したり、

酒飲んだりテレビ見たり寝たり起きたり…

…etc…

せっかくだからこの環境楽しむしかない!って開き直ってみた。

そんな独身らしい生活をしてるうちに、ちっぽけな自分と、楽しさを共有できる家族がいる有り難みを感じたんだよね。

 

遅っ!って感じだけど、自分なりに一生懸命だったし、

思ってない天邪鬼な言葉ばっかりしか出てこない自分に嫌気がさしたし、

でもキッカケは中学時代に野球部入る時アレコレあって監督に言われた言葉を思い出せたから。

中学のアレコレは長くなるからまた今度。

んでその言葉を考えてたら、

自分全然ダメだなって。

カッコわりーって思って、んで今やっと行動に移せてます。

やっと長いトンネルから抜け出せそう…

今、そんな心境。

で、忘れないように日記書いときます。

 

「克己心」

 

その言葉っていうのが克己心(こっきしん)。

コレは中学の体育の先生で、当時野球部の監督だった佐藤工(たくみ)先生から頂いた言葉。

当時の自分にも、今を迎えるまでの自分にも、今の自分にもピッタリの言葉で、

落ち込みまくったり諦めかけた自分を何度も何度も引き上げてもらった。

 

意味は、

弱い自分に克つ心

って意味で、まぁそのまんまなんだけど深いなって僕は思ってます。

「かつ」

て言っても色々あって…

克、勝、活、渇、喝…まだまだあるんだろうけどコレぐらいしか分からない!

でも、自分に勝ちたい時もあるし、喝入れたい時もある。

活かしたいときも、枯渇を潤したいときもある。

言葉の本当の意味なんてなんでもいいよ、それがその時の自分にピッタリだったらいいんじゃん!?

と思ってます。

文学志してる人からしてみたら正しい意味が重要なんだってコトは分かってる。

でも自分のなかに入ってきた時点で、自分なりに噛み砕いて自分のものにしてたっていいと思うんだよね。

それで救われる人も頑張れる人もいる。

話が逸れた。

 

まぁたまその克己心て漢字3文字に今回もお世話になりましたよー

そういう話で…

で!?

っていう話だけど、自分にとっては30歳10ヶ月目で迎えたターニングポイントだった出来事とともに紹介してみました。

 

しかし弱いな自分…

何よりカッコ悪い。

今年は見た目とか仕事とか、そんなんじゃないカッコいいを目指して行きます。

なんじゃそりゃって感じだけど、

自分の中だけで熱く燃える時期はもう終わりにします。

 

f:id:arateen:20170223183704j:image

 

昔は仕事帰りに自由が丘の緑道のベンチで1人黄昏るのが定番だった。

久しぶりに黄昏たけど、それもしばらくお休み。

髪も切ったし、心機一転。

 

嫁さま、ゴメンね。

(つっても今のとこ、自分の中だでの話です。話し合ったりするのはこれから…タハハ〜…)

 

 

 

to be continued…